So-net無料ブログ作成

激闘!西表島 第1夜:ロビンソンを訪ねて [水曜どうでしょうバカな家族]

(この記事は一部のマニア向けの内容が含まれております)

 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃっ ちゃっ ちゃっ ちゃららら~ん♪
 ちゃ ちゃららら~ん♪
 ちゃ〜ん♪ ちゃらららら〜ん♬

水どう.jpg
 【水曜どうでしょうバカな家族】

 皆さんこんばんは!
 水曜どうでしょうバカな家族の時間でございます。

 えー。前回までの記事で沖縄旅行を満喫したおとう一家。
 ところが,ところが・・・
 あれだけ縦横無尽に楽しみまくった沖縄旅行は単なる布石!
 
 本当の夏休みはこれから始まるのでした・・・
 そしてその行き先は・・・

DVD.jpgDVD2.jpg
   【水曜どうでしょうDVD 激闘!西表島】

 そう!
 水曜どうでしょうで訪れた「聖地」の一つ,西表島でございます。

 水どう軍団に“おみまい”しまくりだった西表島の大自然!
 そして,そして・・・
 西表島には水どうレギュラーを遥かに凌駕するキャラクター性を持つあの男が・・・
 そうあの男がおとう一家を待ち受けているのです。。。

 『水曜どうでしょうバカな家族
  激闘!西表島 第1夜:ロビンソンを訪ねて

 それではお楽しみください!!

301石垣.jpg700石垣ターミナル.jpg
   【石垣空港】          【石垣港離島ターミナル】

 そう,前回の最後に飛行機が着陸したのは東京・羽田空港ではなく石垣空港だったのです。
 しかしこの石垣島すら単なる中継地点。
 空港について早々,タクシーで石垣港離島ターミナルへ。

302石垣.jpg305石垣.jpg
 【八重山諸島への玄関口】          【高速連絡船】

 石垣港離島ターミナルは八重山諸島への玄関口。
 ここを起点に「竹富島・小浜島・黒島・鳩間島」などへ,ひっきりなしに高速船が行き来しているのです。

303石垣.jpg306出航.jpg
 【フリーパスを利用/タダデモロタ】    【いざ出航!結構早いゾ!】

 石垣港を出港して35分。。。。
 大きな大きな島が見えて参りました。
 見渡す限り緑に覆われた南海の孤島,そこは・・・

310西表.jpg
              【西表島】

 西 表 島  !

 う〜ん!スケールがでかいぞ!
 さすが沖縄本島についで2番目の大きさを誇る島。
 出航した石垣島を凌駕する迫力で眼前に広がって参ります。

311大原到着.jpg
 【西表島・大原港ターミナル】

 西表島の玄関口,大原港のターミナルに到着です。
 西表にはこの大原港ともう一つ上原港という港があり,各々に石垣島からの連絡船が来るようになっています。
 ただ,波が高い時等,外海を通る航路の上原港便は欠航になることも多いそうでございます。

 西表島での交通手段は,宿泊施設の送迎,観光ツアーの送迎の他は,バス・タクシー・レンタカーなどになります。
 バスは概ね大原⇄上原を定期的に走っているのですが,当然利便性はよろしくありません。
 タクシーは10人くらい乗れるワゴンタクシーを含めて島に6台のみだそうで。。。。

 当然レンタカーを借りる事といたしました。
 ハイシーズンは大手レンタカー会社(オリックス等)はすぐに埋まるようですが,地元のレンタカー会社も数社ありますので,この辺まで手を伸ばしますとそこそこの台数はあるのかもしれません。(それでも手配はお早めに!)

 今回お世話になったホテルはこちら!

 ネイチャーホテル パイヌマヤリゾート
   →http://www.iriomote.com/v3/painumaya/painumaya.html


471ホテル看板.jpg345ホテル.jpg
     【パイヌマヤリゾートは西表温泉の宿泊施設です】

 『パイヌマヤ』は「パイ=南」「ヌ=の」「マヤ=猫」って意味らしくてですね。
 「イリオモテヤマネコ・リゾート」って意味なんだと思ってます。
 概ね大原港と上原港の中間地点くらいにある人気のホテルです。

 今回の旅行の日程は,我が家の都合とこちらのホテルの空き具合の調整で決定したといっても過言ではございません。
 西表にはリゾートホテルとしてはもっともっと格上のホテルはございますが,今回はここにある温泉が目当てでこちらを選んだ次第でして・・・

344ホテル周辺.jpg313ホテル.jpg
        【雄大な自然に囲まれたリゾート!】

 ホテルは緑豊かな自然の真っただ中にあり,小さなせせらぎを見せる小川に沿ってどの部屋からも雄大な西表の自然が満喫できるようになっています。

315室内.jpg313室内.jpg
  【部屋はこちら。。。】     【大きなベットと5畳の畳スペース】

 ホテルの多くの部屋は2人部屋なのですが,今回は2ベットプラス畳スペースに布団で4人が楽々宿泊できるお部屋。
 風呂やトイレももちろん付いていますが,とにかくスペースが広い広い!
 西表島にリピートするなら何度でもこの部屋にしたいですね。

481メニュー.jpg
【お食事は2食付きが基本】

 西表島は沖縄本島,石垣等と違ってレストランとかコンビニはありませんからね。
 多くのホテルは朝・夕2食付きの宿泊プランが基本となっております。
 パイヌマヤは朝はバイキング形式。
 夕食は毎回手の込んだお品書きに書かれたコース料理です。

331メイン.jpg332メイン.jpg
      【見た目も味も申し分なしの夕食コースです】

 美しいですね・・・
 食べるのがもったいない程ですが,腹減ってるのでガッツリ喰います。
 それと各品々は基本的に西表や周辺の島々の地のモノを使っており,係の方が一品づつ丁寧に解説してくれます。

 食べ盛りの我が家の1号・2号はちょいともの足りなかったようなので,アラカルトでカレーやら八重山そばやらを追加注文しておりましたけど・・・(←底知れぬ食欲)

337最南端温泉.jpg
  【日本最南端の温泉!】

 西表島の温泉がここにあることは前に申し上げましたが,実はこの温泉!
 日本最南端に位置する温泉でございます。
 もうこれだけで良いネタになりますな。。。。

335成分.jpg336温泉.jpg
         【温泉の成分や効能等】

 基本的には海のど真ん中ですからね・・・
 ナトリウムやカルシウム,塩素等が多い塩泉ってことでしょうか?
 味的には特にしょっぱさは強く感じませんでしたけどね。
 温泉としてはややぬるめの温度でしたかね。

473風呂.jpg316プール.jpg
  【名物の露天風呂】        【温水プールも一緒にある】

 で,温泉は日帰り入浴も可能で,外の庭園風の露天風呂は水着着用で男女共一緒に入れるようになっております。
 ついでにプールも同じエリアにありますので,泳いで温泉入って!って繰り返しもOKです。

319風呂.jpg317ふろ.jpg
  【大自然ど真ん中の露天風呂】   【東屋風の風呂はやまねこの湯】

 外の露天風呂はプールの他,やまねこの湯とさらに3つの湯船,噴水があります。
 ものすごい開放感がありますよ!
 ただ陽の高い時に行きますと石畳が熱したフライパンのようになっておりますので,用意してあるサンダルの着用をお忘れなく・・・

318風呂.jpg474風呂.jpg
       【東屋風やまねこの湯の中はこんな感じ】

 やまねこの湯は大きな自然木の柱に支えられ,大自然の懐で湯船に浸かっているかのような気になれます。
 そして周りの木々からは様々な野生動物の声が・・・
 印象的だったのは夜の風呂でのコノハズクですかね。。。
 ホーホー。ホーホー。

334夜風呂.jpg333夜風呂.jpg
            【夜のやまねこの湯】

 夜に入るとこんな感じ。。。
 やまねこの湯は屋根が付いているので無理ですが,他の3つの屋外露天風呂の湯船につかって上を見上げると,降り注ぐ程の圧倒的な数の星が天を覆っています!
 本州でも山の中に行けば天の川がはっきりと見え,星々もくっきりと見えますが,もはやケタが違うと言っても過言ではございません。

 幸い温泉自体はぬるめなので,長く空を見上げて湯船に浸かっていると,何度も何度も流れ星を見る事が出来ます。

 「世界平和を・・・(ウソ)」by おとう
 「金!金!金!・・・」by 嫁だがね
 「メシ!メシ!メシ!」by お子〜たま1号
 「もっと長く(流れ星が)流れますように・・・」by お子〜たま2号
 (↑願いを言いきれないかららしい)

321サウナ.jpg320サウナ.jpg
        【サウナも屋外に・・・・】

 さらに屋外露天の片隅にはサウナも設置してあります。
 このサウナもガラス窓でそとの山々が見えるようになってるんですよね。

339展望風呂.jpg340露天風呂.jpg
      【こちらは屋内展望風呂と露天風呂】

 今までは男女兼用の屋外露天施設でしたが,ちゃんとまっぱで身体を洗えるお風呂もございます。
 洗い場や内風呂はもちろんあるのですが,この内風呂にも各々露天風呂が付いております。
 全部で3カ所の内風呂&露天風呂のエリアがあるのですが,日替わりローテーションでこれらのお風呂が男女入れ替わるようになっております。
 そしてその中の最も小川よりのところは川に面した展望風呂になってましてね・・・
 ヤモリみたいのが屋根の梁とかにへばりついておりましたね・・・

 さて,お宿の紹介はこのくらいにして・・・
 西表島でまさに一から十までお世話になる方に会いに行かねば!

 そしていよいよ押し掛けましたのがこちら!
 ロビンソン小屋
 でございます!

 ロビンソン小屋


 そっすね。
 場所的にはもう上原港すぐそば!
 西表のメイン街道を走っていれば上原港近辺で必ず前を通ります。

431となりスーパー.jpg432前無人販売.jpg
 【隣にはスーパー川満】       【前には無人販売所】

 ロビンソン小屋自体が十分ランドマークになるのですが,目印的にはお隣のスーパー川満さんが良いですかね。
 こちらのスーパーはお出かけ前の飲み物等の仕入れに重宝します。
 西表島はコンビニないですからね。。。
 何か買っておきたいモノがあれば,こちらのスーパーや同じく大原港近辺にあるスーパー等で買っておかなければいけません!
 営業時間は概ね21時くらいまでだったと思うので,お買い物はお早めに!

436小屋左.jpg429小屋前.jpg
 【ロビンソン小屋全景!】       【小屋の前で記念撮影!】

 で,そんなところにロビンソン小屋がございます。
 大きな赤い屋根が目印になりますからすぐわかりますね。

400小屋.jpg430小屋前.jpg
【ロビンソン小屋のセンスの良い看板】  【ロビンソンと一緒にイェ〜イ!】

 ある意味,西表島ではヘタな芸能人よりも有名(その筋の方には・・・)なロビンソンさん,ガイドツアー中にも他の客さんに「テレビで見てましたよ!」とかちょいちょい声を掛けられています。
 ロビンソンさん自身がおっしゃってましたけど,先日も渋い演技で超有名な俳優Mさんを連れてガイドツアー中,他のお客さんに「すいません!一緒に写真撮っても良いですか?」と声をかけられ,俳優Mさんを尻目に記念写真に写っていたとのこと。
 「イヤ〜,なんかバツが悪くってヨ〜!」とは本人談。。。

 ちなみにおとうがロビンソンさんと遊んでいる時も,ちょっとお店に顔を出して帰った方2組くらい。。。
 レンタカーで前を通り,店の前で記念写真を撮っていた方2組くらい。。。

 恐るべし・・・
 ロビンソン!!!

401しじみろびんそん.jpg434ボス.jpg
【史上最大のシジミを説明中】       【営業チーフ・ボス】

 ロビンソン小屋に入りまして早速お願いしていたガイドの内容を確認(次回以降アップ),ついでにさらにリクエストを増やしていろいろ無理していただきました。
 テレビそのままにいろいろと話を弾ませてくれるロビンソンさん。
 かつてとった最大級のシジミから○○○や●●●まで・・・止まる事なく溢れ出るロビンソントークはまさに底なし!!

 そして「どうでしょうバカファン」を迎える時のロビンソンさんは正装!
 青いTシャツは「Dodesyo Tシャツ」,赤いバミューダは「水どう撮影当時にはいていたアレ」でございます。
 バミューダなどポケットが破れてもはや役に立たない状態なのに,「喜んでくれるから!」って一言で毎回これにしているのだそうです。
 ファンの方達を大事にしてくれているのですね。
 いやいやとにかくお客さんに楽しんでもらおう!ってサービス精神は人一倍!いや十倍くらい感じられる方でございます。

 そうそう,小屋の中には2匹の大きな白いわんちゃんがおりましてね。
 1匹は写真のボス!
 ロビンソン小屋の営業を一手に引き受け,お客さんが見えた時は誠心誠意接待をしてくれます。
 えぇこの日はちょっと暑さに参っておりましたけど・・・

 もう1匹は写真撮り忘れましたけど,警備主任のエコ!
 不審者が店を覗いていれば警戒警報を発令します。
 頼もしいですね!
 あ,そーいえばご丁寧に名刺まで頂戴いたしました。。。

名刺.jpg
【営業担当,警備担当からご挨拶】

 この2匹のわんちゃん達。
 猟期になれば頼もしき猟犬に颯爽と転身いたしまして・・・
 2匹の見事なチームワークで数々の武勇伝を繰り広げているそうでございます。

435イノシシ.jpg
【リュキュウイノシシの皮】

 ロビンソンさんと共にしとめたリュウキュウイノシシの皮が小屋の中に飾ってございました。
 リュウキュウイノシシ・・・本土のイノシシよりかは小ぶりだそうですが,イノシシですからね。。。
 ニュインと伸びた牙を突き立てられればいかに勇敢な猟犬といえども命に関わります。
 ボスもエコも体中傷だらけ・・・それでもいざとなればロビンソンさんを身を挺して守ってくれるそうです。涙,涙...

406ロビンカー.jpg405ろびんカー.jpg
 【ご存知ロビンソンカー!】     【かっこいいよ!】

 そしてロビンソンさんといえばこちら!
 ロビンソンカー!!
 迷彩色のピックアップが大変目を引きます。

 ロビンソンさん曰く,
 「いや〜迷彩色って普通は目立たないようになるもんだけど,
  ウチの車は西表島で一番目立つクルマになっちゃったんだよねぇ〜。」

 ごもっともです。。。

402すいどうサイン.jpg
   【小屋には水どう一味のサインが・・・(下には藤ヤン犬まで)】

 小屋の中には有名芸能人のサインが所狭しと飾ってあります。
 西表のガイドツアーとして雑誌やムック本にはあまり紹介されていないロビンソン小屋ですが,芸能界には圧倒的に強そうですね。
 さすが最古参?くらいのロビンソンさんです!

 小屋を見回すと,『水槽カメラ』(←わかる人だけわかる)に使ったとおぼしきプラスチック水槽なども置いてあり,3年経った今でもあの時の想い出をいろんなところで感じられますね。

 さて,そんなロビンソンさんにおみまい案内され,西表島の大自然を満喫する機会を得る事ができました。
 次回よりその壮絶な素晴らしい様子をみなさんにお届けいたします。

・・・・・・次回,「激闘!西表島 第2夜:カヌーでピナイサーラ」お楽しみに!!

nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 10

メトロンちゃん

きましたね、西表島。
まってました、ロビンソン。
お~おきなちからでぇ、そ~らに浮かべたら~♪(←熱唱)

さて。西表島といえば、ネコ。しかも山猫。
メトロンちゃんは、イリオモテのネコ関係のプロなのです。

イリオモテヤマネコは、古来から現地の言葉でヤママヤー、
もしくはヤマピカリャーと呼ばれております。
イリオモテヤマネコ飼うなら、名前はマヤで決まりです。

さぁ、次回はいよいよ、猪狩りですね?
DT10Xトラップに00B。狩猟刀とひとにぎりの塩を携え、
西表の原生林に足を踏み入れる孤高の狩人。
ああっ。なんて燃える展開!
バブ避けに、7半も少々。
一週間は下山しちゃダメ。
メトロンちゃんも、エアコンの効いた部屋でポテチかじりつつ
応援させていただきますぅ。


by メトロンちゃん (2008-08-04 10:48) 

くま

見せちゃっていいの?
by くま (2008-08-04 12:46) 

ToT

 

ぇーと・・・・・・・(怒)

マニアックなプレイを堪能し、ブログで紹介してると聞き付けて、スッ飛んで来たのですが・・・・
いつくらいから始まるのでしょうか?

はっ!
次か?次なのか?
イリオモテならではの風○プレイの紹介は!!

by ToT (2008-08-04 12:48) 

さすけ

しっかし、すげーなー
沖縄本島から帰ってくるかと思えば、西表島ですか、
どんどん南に行っちゃうのですね、 緯度だけでいえば、
台湾レベルですよね、まさか、このまま、海外なんて・・・

でも、パスポート持って行ってなさそうだし、じゃ、最後ははきっと
沖ノ鳥島からのレポートだ~!!
by さすけ (2008-08-04 16:34) 

おとうたま

メトロンちゃん

いや,しないから・・・
もう帰ってきてるし・・・
by おとうたま (2008-08-04 18:37) 

おとうたま

くまっち

良いです。。。
何を?
by おとうたま (2008-08-04 18:37) 

おとうたま

Tの字

夜中にまっぱでジャングルに入り,何かにとりつかれる若しくは何かに喰われるくらいのマニアックなプレイはする気になればできるかもしれませんが,いずれも店舗はございません。
青●ンです。。。

チャレンジしてみてください。
by おとうたま (2008-08-04 18:39) 

おとうたま

さすけっち

距離で言えば沖縄本島よりも間違いなく台湾の方が近いです。
沖縄本島の天気予報は西表では役に立ちません。

ラジオを聴けば台湾の放送が入ってくるという話らしいです。
ラジオ持ってかなかったから知らないけど・・・

沖ノ鳥島・・・良いところ付いてますね。
でも沖ノ鳥島は東京都(小笠原)なので,ちょっと方向に無理があります。

実は旅先を選ぶ段階において,小笠原も候補に入ってたんですよね。
もし小笠原に行っていたら後編は沖ノ鳥島になっていたかもね・・・(←ナラネーヨ)
by おとうたま (2008-08-04 18:47) 

k6e


 ねーづーり!   ねーづーり!!

 鳴り止まぬ寝釣りコールの中、
 おとうたま御一行も遂に上原港一泊!!

 と、いうことですね?!

 P.S. 大うなぎ釣り、エサはエビでしたか?カエルでしたか?

(このコメントは一部のマニア向けの内容が含まれております)

by k6e (2008-08-05 00:53) 

おとうたま

k6eさん

ふっ・・・
お客さん,気が早いですよ。
物語は始まったばかりですよ。。。。

まだまだこれからです。

マジ注:現在大ウナはできません(←スルキダッタ)

(このコメントは一部のマニア向けの内容が含まれております)

by おとうたま (2008-08-05 02:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0