So-net無料ブログ作成
検索選択

八景島シーパラダイス [おとうの独り言/お出かけ系]

 ちょっと前のお話なんですが・・・

 嫁だがねが「今日は誕生日なんだからどこかに連れてけや!」と。。。
 朝からなにか言いがかりをつけられた気分ですが,やむを得ずPCなどを叩きながらどこか良さげなところを探しておりました。

 ま,思いつきで車で行ける日帰り圏内ですので,我が家の場合概ね片道200〜300km以内ならOKです。(←距離感オカシイ)
 計画的な日帰りでしたら片道500km以内なら大丈夫です。(←経験値)

 結論として行く事になりましたのがこちら・・・

 『八景島シーパラダイス』

 でございます。


 決めては・・・
 お誕生日割り引きがあったという事ですかね。。。
 あと我が家は全員水族館とか動物園好きだったということですかね。
 あ,距離はドアtoドアで片道170kmくらいだったかとと思います。タブン
 時間にして片道2時間少々かな?

 思いついたのが朝起きてからでしたから,出発は8時半頃。
 現地到着が11時ちょっと前でしたかね。

001.jpg002.jpg
  【八景島へ渡る連絡橋】       【八景島シーパラダイス】

 八景島シーパラダイスは開園当初に一回来た事あるんですけどね。
 その頃はやたら混んでて人が多くて,なおかつ1号ベビーカーの状態だったかな?
 2号も腹にいたんだっけな?
 そんな頃でろくに楽しめなかった記憶しかございませんでした。

 そーいえば八景島に渡る連絡橋から既に行列だった気がします。。。
 当時ってそんなに施設も充実してなかったような・・・
 とにかくあんまり思い出がございません。

035.jpg059.jpg
  【アクアミュージアム(昼)】    【アクアミュージアム(夜)】

 チケットはいろいろ種類があるんですけど,大雑把に言えば「水族館だけ楽しむ」「アトラクションを楽しむ」「両方楽しむ」の3種類に分かれております。
 1日いるのだから「両方楽しむ」でいいだろうと思ってそのチケット買ったんですけどね・・・

 いやいや侮るなかれ「八景島シーパラダイス」。
 かなり楽しめるところでありましたよ。。。

 まずはこちらのメイン施設でありますアクアミュージアム」へ!
 言い忘れましたが八景島シーパラダイスの水族館,3つの趣の違う水族館からなっております。
 アクアミュージアムはその3つの中で最も古く,最も大きな水族館であります。

 ここは水族館以外にもイルカやアシカの「海の動物たちのショー」なんかやってましてね。
 ちょうど着いた11時から開催だったので,まずはそちらに直行です!

003.jpg004.jpg
【アクアスタジアムでアシカのショー】  【セイウチの悩殺ポーズ!】

 最初はアシカやセイウチなど海獣達のショーでスタートです。
 う〜ん,体重●百キロか・・・
 他人とは思えんなぁ〜。

005.jpg
  【シロイルカのご挨拶】

 かーいーシロイルカもかーいーおねーさんと一緒にご挨拶です。

006.jpg007.jpg
  【イルカさん,クジラさんにプッシュされてのハイジャンプ!】

 イルカ,クジラのショーになってくると内容もパワフル!スピーディー!ダイナミック!になってまいります。
 おねーさんロケットみたいに飛んでます!

008.jpg009.jpg
  【背にのって・・・】        【勢いを付けてジャンプ!】

 おねーさんとイルカさん,クジラさんのコンビネーションプレイは見事なものです。
 水中からおねーさんを押したまま助走をつけてそのままジャンプ!
 おねーさんはかなりの高さで水平に空を飛んでいます。

010.jpg011.jpg
【カマイルカのトリプル3Dジャンプ!】   【カマイルカご挨拶】

 小ぶりなカマイルカはジャンプが高い!
 そして回転が速い!
 まるでブルーインパルスのショーのようです。

012.jpg
     【ダブルジャ〜〜ンプ!!!!】

 まさに見事なジャンプです!
 背筋が伸びそうですね・・・

013.jpg
   【高いボールに向かってムーンサルトアタック!】

 高い!
 そして見事なボールアタックです!

014.jpg
【バレンタインスペシャルジャンプ!?】

 バレンタインデーも近かったのでスペシャルジャンプだそうです。

015.jpg
  【カマイルカ3連星のジェットストリームアタック!】

 そしてカマイルカ3頭によるトリプルハイジャンプボールアタック!
 これも高ぁ〜〜〜い!!!

 概ね30分くらいのショーでしたかね。
 いやいや多くの動物達の出演であっという間の一時でございました。
 見事,見事。
 パチパチパチパチ!!

 さて,我が家の本題はこれから・・・
 水族館系列では参加が定番となっておりますバックヤードツアー。
 こちらでもやっておりましてね。

 その中の一つに
 「アクアスタジアム バックヤードツアー」
 というのがございます。

 通常の水族館の裏側を回るバックヤードツアーではなく,今さっき観た「海の動物たちのショー」の舞台裏を訪れるツアーです。
 おもしろそうっしょ。

 参加人数は各回15名程度まで。
 日によって1日1~2回くらい開催されるようです。

 ショーの終わりにあわせて観戦していたスタジアムの片隅に集合!
 案内のおねーさんに連れられて秘密の扉(関係者ドア)からスタジアム裏手へと入っていきます。

016.jpg017.jpg
  【長靴,そして消毒】         【スタジアムのショーステージへ】

 基本的にプールサイドなので,長靴に履き替えて足裏を消毒してからスタジアムステージへと入っていきます。

018.jpg019.jpg
 【ステージから観客席を望む】       【メインステージ】

 大きなプールは縦20m,横30m,深さ・・・忘れた?(縦横もチガッタカモ?)
 プールの向こうに観客席が並んでいます。
 さっきまであっちで観てたわけね。

020.jpg021.jpg
  【飼育員さんと一緒に回るとカマイルカが寄って来ます】

 スタジアムプールを1周すると,まだ残っていたカマイルカがエサをくれると思って寄って来ます。
 か~い~ですねぇ~。

022.jpg
        【超間近で会うことができますね】

 メインステージやスタジアムプールの説明を受けて,今度は出演者の控え室(プール)に移動します。

 行きました所はシロイルカのプール!

023.jpg024.jpg
  【水をかける子も・・・】        【でこっぱちがかーいー!】

 すぐ隣の控えプールの一つにはシロイルカさんが・・・4頭だったかな?
 いたずらっ子なシロイルカは口から水を吹いて遊んできます。(要注意)

025.jpg026.jpg
  【デコに触りたい・・・】          【おしゃべりも少々】

 う~ん,ここはずっと居ても飽きないですね。。。
 プール飛び込みたい気分です!(←真冬です)

027.jpg028.jpg
  【もう一度スタジアムへ】       【カマちゃんがご挨拶に】

 あっという間に時間となってしまい,帰ろうとすると・・・

 再びカマちゃんたちが遊びに来てくれました。
 ファンサービスが上手な子たちですね!

029.jpg
        【みんなにお別れのご挨拶】

 こんな感じでイルカさんたちと会うことができます。
 見学には行きませんでしたが,スタジアム周りには他のプールもあります。

030.jpg
  【健康診断中?】

 こちらは健康診断中?のイルカさんたちかな。
 体温でも測っているのでしょうか?

 さて,ショーとその舞台裏は観ることができましたので,次は水族館そのものを観に行きましょう!

031.jpg032.jpg
   【イワシの群れ!】           【イワシとトビエイかな?】

 イワシの大群がキラキラと美しいですね。。。
 なんかミラーボールのようです。

 このイワシの群れを使ったパフォーマンスショーもやってるらしいですよ。

033.jpg034.jpg
【水中エスカレーター(アクアチューブ)】   【おとうオニオコゼ】

 そしてここアクアミュージアムの最大の売りはこのアクアチューブ!
 そうそう前に来たときもこれは観た気がします。
 混んでて人しか観てなかったけど・・・

 大水槽の中のチューブをエスカレーターで上がっていきます。
 いまでは水中トンネルって多くなりましたけど,当時は斬新だったんじゃないかな?

 で,一通り水族館スペースを見学すると・・・
 またまたバックヤードツアーに出発です!
 (バックヤードバカな家族)

 「アクアミュージアム バックヤードツアー」

 こちらも日に1~2回開催されておりまして,やはり15名程度の限定ツアーだったでしょうか?
 水族館エントリーロビーに集合しての出発です。

045.jpg046.jpg
    【巨大ろ過装置】            【最終廃棄物?】

 まずは建物の外側から・・・
 これだけの大きな水族館ですから,ろ過装置もそれはそれは大きなものが付いております。
 写真にあるタンク型のろ過装置が数十台でしたっけ?(←モウ忘れてる)

 そしてろ過した水は水槽に,いろんなカスはまとめて集めて処理場に運ぶらしいです。(←チョット曖昧)

047.jpg
  【空調機室外部分】

 建物もでかいですから空調施設もそれなりにでかいです。
 大きな室外機がずらりと並んでますね。

048.jpg
  【裏の準備水槽】

 館内に入り,展示水槽の裏側などを見学します。
 弱って治療中であったり,来たばかりの魚などは裏にある準備水槽にいるのですが,八景島ではできるだけお客様に観てもらうことを前提に考えているので,準備水槽の数はそれほど多くないそうです。

049.jpg050.jpg
  【ヒトデがわんさと・・・】        【準備水槽】

 ヒトデもこれだけいるとなにかアートにも見えてきます。。。

051.jpg
【ちょうどイワシの大群の上かな?】

 展示水槽の上部から覗き込んでいます。
 展示水槽は照明などにも凝っておりまして,基本的にはブルーの光を当てているそうです。

 ただしブルーライトだけだと見学者さんが違和感を覚えるので,水槽から見学エリアに差し込む光はホワイト(昼光色)らしいですけど。

052.jpg
    【エサの冷凍庫】
 魚や海の動物たちのごはんをストックしているところ。
 大型冷凍庫から週に二回くらい運び込んでいるそうです。

 さて,3つある水族館のうち以上が1つ目のお話。
 続いて一番最近出来た水族館スペースに移りましょう。

 「ふれあいラグーン」

036.jpg
  【ふれあいラグーン】

 こちらは平成19年にオープンしたところだそうで,コンセプトからしてこれまでの水族館とは異なっております。
 “ふれあい体験型水族館”って言うんですかね?
 Open Aquarium って展示システムをとっておりまして,いろんな海の生物に間近で触れる事ができるようになっております。

 こちらに入るには「ふれあいラグーン」で楽しむ為のルールみたいなものを最初にビデオでレクチャーされます。
 生物に触れる人はちゃんと手を洗いましょう!とか,動物を驚かせないための注意とか,そんなことです。

 「ふれあいラグーン」には,
 磯辺の生物に触れられる「サカナリーフ」
 セイウチやアザラシ,ペンギンのいる「ヒレアシビーチ」
 そしてクジラやイルカのいる「ホエールオーシャン」
 の3つの施設があります。

 このうち「サカナリーフ」の生物と,「ホエールオーシャン」のイルカ・クジラ達には触る事ができます。
 特に「ホエールオーシャン」のイルカ・クジラ達は特にイベントとしてではなく,低い水槽ガラス越しに自由に背中をなでたりすることができるのです。
 もちろんイルカ・クジラ達の気分次第で水槽の外周に浮いていてくれないとタッチできないのですけどね。

 まずは「ヒレアシビーチ」のエリアへ行ってみます!

037.jpg
 【オタリアの飛ぶチューブ】

 こちらはオタリアのチューブ!
 旭山動物園のペンギンが飛ぶ水中トンネルと同じ視点でオタリアの泳ぎ回る様子を見る事ができます。
 しかし速い!泳ぐのが!

 写真に撮るの大変です。。。

053.jpg054.jpg
  【これもつい最近観てきたものと同じ様な・・・】

 続いてアザラシのプールに設置してる縦型の水中トンネル!
 これもどっかで観ましたね・・・

 どっちが元祖か分かりませんけど,残念ながら今回はアザラシさんがなかなかここを通ってくれませんでした。
 旭山動物園のアザラシはしょっちゅう通ってたんですけどね・・・
 なんかタイミングなんでしょうか?

 さて,こちらにもバックヤードツアーのようなプログラムがいくつかございます。
 大きく分けて「ガイドプログラム」というものと「コミュニケーションプログラム」の二つになります。

 「ガイドプログラム」は更に「ウォーキングツアー」「ドルフィンガイドツアー」の二つに分かれており,各々飼育トレーナーさんと共に動物達の近くまで行き,間近で説明を聞いたり記念写真を撮ったりするものです。
 当日参加申込で概ね15〜20名定員,日に数回開催ですが,早い者勝ちになります。

 我が家は今回「ウォーキングツアー」に参加して参りました。
 (ツアー中はカメラ等は持ち込みができないため写真は撮っておりません)

 「ウォーキングツアー」はヒレアシビーチの各展示エリアにまさにウォーキングで入り,動物達の真横で飼育員さんの説明を聞いて回るというものです。

 最初はセイウチのビーチに・・・
 えっと。。。
 最初に逃げる事の説明を受けますが,なんのついたてもなく,もちろんセイウチはどこにも拘束されていない状態で同居したままのガイドですからそれなりの緊張感が漂います。。。

 「突進して来たら逃げて下さい!」

 これがキーワードです。。。(シャレニナッテネー!)

 続いてペンギン・アザラシのビーチへ!
 う〜ん,両方ともかわいー!

 説明受けてる間,1羽のペンギンがず〜っと嫁だがねのコートのはしっこかじってましたけど。。。

 最後はオタリアのビーチ。
 ずぅ〜っと3匹で喧嘩して噛み付いたり吠えたりしてる真横でガイドされるのも怖いんですけど。。。

 飼育員さん曰く,大丈夫なように小さい頃から育てているので大丈夫だそうです。タブン。
 一番面白かったのはガイドしてくれた飼育員さん『自称・隊長さん』のトークですね!
 ディズニーランドのジャングルクルーズがごとき楽しいマシンガントークがツアー参加者をとても和ませてくれます。
 お薦めです!

 もう一つのプログラム「コミュニケーションプログラム」「クジラとあそぼう!」「イルカとあそぼう!」って言うものでしてね。
 カッパに胴長を着用してプールに膝上位まで入って飼育員さん達のようにエサをあげたり,ちょっと芸をさせたり,いろんなコミュニケーションをとれるプログラムとなっております。

 こちらは事前予約が基本のようで,ネットで申込ができたようですね。
 大体1プログラムで10名程度が定員のようです。
 当日の朝に思いつきでシーパラダイスに来る様なヤツには参加資格はございません。。。

 が!

 行いが良いんですよね〜。
 神様っておとうを見捨てないんですよね〜。

 事前予約で余裕がある場合は当日参加申込もOKなのですよ。
 なんと一番人気(当社比)の「シロイルカとあそぼう!」のプログラムが1名空きがあるとの事!
 ダッシュで2号の参加申込をいたしました。

 それでは「シロイルカであそぼう!」をお届けしましょう。
 これも動物達が悪戯しちゃうので,基本的にはカメラ等持ち込み禁止です。

 最初にロッカールームでカッパに胴長,さらにはライフジャケットを着用いたします。
 まれにプールに落ちる方がいらっしゃるそうで・・・
 準備ができたらちゃんとお手々を消毒してからプールに出発です。

038.jpg039.jpg
  【トレーナーさんから説明】     【最初は恐る恐る・・・】

 プログラムは4人一組で・・・
 2号は一人で参加なので,他のご家族のチームに混ぜてもらってます。

 プールサイドのステップに並び,トレーナーが呼び寄せたシロイルカちゃんとあそぶわけですね!

040.jpg
  【この子はギャラリーにご挨拶に・・・】

 プールには3頭のシロイルカがおりまして,そのうち2頭がプログラムに参加。
 もう1頭はまだこちらに来て日が浅いため,その他のギャラリーさん達を相手にしております。

 ところでシロイルカってイルカではなくってクジラなのは皆さんご存知ですよね?

041.jpg042.jpg
 【シロイルカの身体をさわさわ...】  【口の中に手を入れて・・・】

 トレーナーさんの解説のもと,シロイルカの身体をさわさわしながら良くみせてもらいます。
 続いて餌やり,口の中に手を入れて歯を触らせてもらったり・・・

 いろいろやらせてもらってさらに記念撮影です!

043.jpg
  【シロイルカがチュ〜!を】

 できた写真は・・・

060.jpg
      【ふれあいラグーン シロイルカと遊ぼう】

 をぉ〜!
 結構良い出来だ!
 シロイルカも笑顔でチュ〜してるように見えるし・・・

 これは想い出に残る1枚ですね!
 (1000円だったけど。。。)

044.jpg
  【まだ遊ぶ・・・】

 まだまだ遊ばせてもらってます。。。
 結構長いね・・・

 さて,この「コミュニケーションプログラム」
 この時期は「○○○とあそぼう!」しかないんですけど,春からは「○○○とおよごう!」ってプログラムが始まります。
 こちらはウェットスーツを着用してプールで一緒に泳げるのでしょうね。。。
 以前フロリダのディスカバリーコーブで体験したドルフィンスイムを思い出します。

 参考記事:オーランド再び!第5/5話:ディスカバリーコーブ編

 下田の水族館でもたしかできるんですよね?
 でもクジラとかシロイルカと泳げるのはここだけかな?
 夏場にチャレンジしたいですね・・・
 日帰り圏内だし・・・

 さて,まだまだ水族館がございます。
 3つ目の水族館。。。

 「ドルフィン ファンタジー」

058.jpg057.jpg
           【ドルフィン ファンタジー】

 あれ?
 もうすぐ営業終了時間!?
 やばい!急がなくちゃ!

 こちらはちょっと小さな建物になりますが,イルカやシロイルカの戯れる青い青い癒しの空間を演出された水族館となっております。

 なんとこちら・・・
 貸切でパーティーとかウェディングなどもできるようになっておりまして。。。
 良いですよね,こんなところでのウェディング。。。
 ロマンチストなおとうにピッタリのところです。

 営業終了が迫ってくるのでさっさと次へ・・・
 冬期営業でやや早めのクローズとはいえ,水族館まわるだけで1日使ってしまうとは・・・

 第一買ったチケットは3つの水族館とアトラクションのフリーチケット。
 やばい!アトラクションなんにも行ってない!!!

 このままだと元がとれなぁ〜〜い!!!!

 ってことで。。。。

055.jpg056.jpg
   【アトラクション終了までダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!】

 あわてて料金高めのアトラクションをのりまくりました。。。
 なんとかノルマは達成できたかと・・・

 次回来るときは開園時間にあわせてくるか,水族館だけのチケットにするかも・・・
 そうそう,こちらの八景島にはいろんなレストランとかお土産屋さんとかありましてね。
 この辺に行くだけでしたら入場料は一切かかりません。

 それとお誕生日チケットを買うと合わせてこういった施設で使える割引クーポンをくれます。
 これがそこそこ使えたりして・・・

 さらにお得なチケットがあるんですけど,こちらは年に家族で2回以上来れる方向き!
 「シーパラファミリーパス」

 家族4人のフリーパスで,とにかくいろんな割引サービスがいっぱい付いて30000円。
 ディズニーの年パスだったら1人分かな?
 今回行った中でも結構このファミリーパスの家族みかけたんですよね。
 宇都宮にもうちょっと近かったら入っちゃうんですけどね。。。

 とにかくなにげに思いつきで行った「八景島シーパラダイス」
 予想外に楽しめて想定以上の大満足!
 できれば年内にリピートしたいものです。

nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

“チェンジリング”とアカデミー賞 [映画大好き!]

 2月〜3月にかけてはいろいろと良い作品が目白押しですよね・・・
 中でも実写版ヤッターマソ・・・

 間違えました。
 中でもアカデミー賞各賞にノミネートされた作品のロードショーが次から次へと公開されてくるのは嬉しいばかりです。

 そんな作品の中の1つを観て参りました。

 チェンジリング

 物語は1928年のロサンゼルスで実際に起こった実話であります。
 シングルマザーの一人息子がある日突然行方不明に・・・
 警察に捜索を依頼し,数ヶ月後に奇跡的に息子が見つかったとの連絡が!
 喜びの再会を果たすものの,その息子は別人であった。。。
 なぜ?どうして?
 警察に再捜査を願うものの,警察はそれを拒み続け,とうとう彼女を施設送りに・・・
 背景にはロス市警の様々な裏事情が。
 彼女は支援してくれる人々とともに警察組織と闘い,そして真相を求めて行くのです。
 彼女の息子はいったいどこに・・・

 クリント・イーストウッド監督,アンジェリーナ・ジョリー,ジョン・マルコビッチ出演。。。
 一番に観たいと思ったのはイーストウッド監督作品であったからでしょうか。

 かつてアカデミー監督賞・作品賞を受賞した「ミリオンダラー・ベイビー」を観た時,その独特の時代の空気の色を表すかの様な絵の作りにうっとりといたしました。
 それは「父親たちの星条旗」や「硫黄島からの手紙」でも見事に表され,さらにその魅力を磨き込んでおりました。

 本作「チェンジリング」は1930年代くらいのアメリカ・ロサンゼルスのお話。
 作品の絵はもちろんフルカラーでありながらセピアを感じさせる空気の中に映し出されており,現代ではない過去の実際の時代であることを明確に示しております。

 そして主演のアンジーはいつもの魅惑的な役柄ではないながらも,この時代としては稀であったであろう仕事のできる(それを認めてもらえる)女性像を見事に演じておりました。
 そしてそれ以上に彼女が強く演じていたのは母親としての姿。。。

 プライベートでも養子を含めて5人の子供を育て,慈善活動にも熱心な彼女にとってのこの母親像というのは,ある意味最も演じたかった役ではなかったのかと思われる程です。
 それほどにこの作品での彼女の「母親」は凄いものがあります。

 弱い母親。
 強い母親。
 迷う母親。
 決心する母親。
 etc,etc....

 どれもが役中では必要な母親であり,それをアンジーは見事に表している。。。
 アカデミー主演女優賞にノミネートされていることも十分に納得できるものであります。

 そして彼女をサポートする役柄でのジョン・マルコビッチ。
 彼の味も良いですね。
 作品毎に全く違う役柄をこなせる彼のこれまたうなずける一役をみせて頂いた気がします。

 「人は失うものが無くなった時,強く行動を起こす事ができるようになります」

 そして

 「人は希望を得た時,それを心に真っすぐに歩む事(信じる事)ができるようになります」

 そんなことを最後に感じた一作でありました。

 驚くべきはこれが実際に起きた事実である事・・・
 それは事件だけでなく母親の強い心もまた事実であると言うことを示しているわけです。

 アカデミー賞楽しみですね。

=====================

 と,ここまで書いてアップするのを忘れておりまして・・・
 アカデミー賞。。。
 発表になっちゃいましたね。

 主演女優賞はケイト・ウインスレットだったようで・・・
 アンジー残念!

 ついでにオスカーとった中でのおとう的注目はやっぱり助演男優賞と外国語映画賞ですかね。

 助演男優賞ヒース・レジャー『ダークナイト』

 参考記事:THE DARK KNIGHT
  → http://x-trap.blog.so-net.ne.jp/2008-08-15

 まさに“ジョーカー”ヒース・レジャーの映画でありました。

 彼の出演作で記憶にあるのは「ブラザーズ・グリム」と「ブロークバック・マウンテン」
 特にブロークバック・マウンテンでの演技はやはりアカデミーノミネートではあったものの,個人的にはその他のノミネート者との違いを感じさせるほどのものではありませんでした。

 しかしこのジョーカーは違いましたよね。
 ペインティングに隠された表情の中には明らかに人のものではない狂気がそこにあることを感じさせ,作品の底知れぬ深さを表すものとなっておりました。

 そして,外国語映画賞
 日本人なら喜んじゃう「おくりびと」でございました。

 参考記事:おくりびと
  → http://x-trap.blog.so-net.ne.jp/2008-10-02

 海外の方が何をもってこの映画を評価してくれたのかはわからないところでありますが,単純に「美しい」という表現は当てはまる映画ではなかったかと思っております。

 改めてこの2作,また観たくなって来ましたね。。。

 それにしてもレッドカーペットでも広末はいぃ~なぁ~(ハート)
 


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

羽黒にて。。。ゴメンナサイ [おとうの独り言/射撃系]

 今週の金曜日は今年初めて宇都宮でまともな積雪がございまして・・・

 雪が降ったら羽黒には1週間は近づくな!

 これが羽黒(宇都宮射撃場)の鉄則でございます。。。
 (坂道凍結で登れないので・・・)

 ですが今回の場合,降雪は明け方にはやみ,朝からは大粒の雨,そして午後は晴天と続いた為,ほとんどの雪は融けてなくなってくれたのです。

 これならば行けるかもしれない・・・

 そう思って翌日土曜日に羽黒へと練習に赴く事といたしました。
 (あ,それでもビビって午後からの出撃でしたけど・・・)

 13時頃ですかね。
 射場に着くと既にお二人の方が射撃中。
 あまり見かけない方達ですね。

 普段の羽黒メンバーとは明らかに違う垢抜けたいでたち・・・(←常連サンニシツレイデス)
 手にはシナジー,そしてメルケルの水平。。。

 む,かっちょいい。。。

 ラウンドを終えて休憩に来るお二人に「かっちょいいですねぇ〜!」と声をかけて使っている銃をみせて頂きました。
 えぇもちろん目で見るだけ,眺めるだけでございます。

 実はシナジー・・・
 発売当時から興味はあったものの,近い距離でみた事がありませんで・・・
 いつかは実物みたいなぁ〜って思っておりました。

 シナジーをお持ちになっていた方はKさんとおっしゃる方。
 事細かにシナジーの特徴などを説明してくれました。

 そしてもう一方のOさん。
 こちらはメルケルの水平二連をお持ちでして。。。
 お話によるとかなり惚れ込んでこちらの銃を手に入れ,使い始めたとのこと。
 もう1丁の上下二連が初撃ちだったんでしたっけ?

 「自分の気に入った銃が使える」ってことはとっても幸せな事ですよね。
 おとうも今のX-Trapを手に入れ,そして撃てる事にとっても幸せを感じていますもの。

 お二人とその後もいろいろとお話をさせて頂きましてね。
 とにかくいろんな知識,見識が高い方達でございます。
 クレー射撃はまだまだとおっしゃるお二人ですが,こと銃の事,銃砲店の事,装弾の事など,まるで専門雑誌のごとき知識が沸き出して参ります。
 凄いっすね。。。

 でもね・・・
 なんかお話をしてるうちに,なんかお会いした事があるような気がするなぁ〜って気がして参りまして・・・
 それに伴ってなんか冷や汗も出始めたりして・・・

 わかりました。。。
 あ,Kさんてこないだのファンシューティングで「アジア親善大会」の取材記事書いたその人だ・・・
 あ,Oさんて「アー○ズマガジン」とか「ファ○シューティング」の編集の方だ・・・

 どーりでいろいろご存知な訳で。。。

 あわてて「いや〜ファンシューティング買ってますよ〜!」なんておべっか使ってる中でRちゃんのお話なんかも出てきまして・・・
 いえ,決して悪口など・・・

 さらにはなんでRちゃん知ってるの〜?みたいな話の中でとうとう・・・
 「おとうですか?」と・・・

 やばい・・・
 あの事がバレてしまう・・・

 心の中で危険信号を感じながらも,「あ。そーです。おとうでございます。。。」と正体を明かしまして・・・(←隠してたわけではない)

 Kさん,Oさん共に出会いを大変喜んで頂けたようで・・・
 どーもこのブログもご覧になったことがあるようです。
 なおヤバい。。。

 K&O氏「いや〜なんか17冊もファンシューティング買って頂いたそうで!」と。

 参考記事:「Fun Shooting Vol.7 買い占め!?」

 あちゃ〜〜,やっぱりその話題が・・・

 おとう「は,ははは・・・当然ですよ。。。」
 (逃げ出したい気分です)

 K&O氏「なんかRちゃんは疑って絶対あれはコピペだって言うんですけど,そんな事シナイですよね!

 おとう「と,とーぜんですよ。そんなコピペなんて・・・」

 K&O氏「そーでしょ。だからお会いしたら表彰しなくっちゃ!って話してたところなんですよ。」

 おとう「・・・・・・・・」

 ごめんなさい!ごめんなさい!
 ウソをついておりました。

 17冊も買っておりません。
 大体からしてコピペの数でさえ16回もしたかどうか,自分でも覚えていない程テキトーに処理しておりました。
 もっと正直言うと,あの記事アップしたときはまだ1冊目さえ買ってなくて,立ち読みだけでした。(←サイテーデス)
 後日1冊は買ったので勘弁して下さい。

 出会いって恐ろしいものですね。
 因果応報ってあるものですね。
 人間は正直に生きなければいけませんね。

 心を改めて正直に真実を話しましたよ。

 ごめんなさぁ〜い!
 m(。-_-。)m スイマセーン

 Kさん,Oさん,心の広い方ですね。
 人間が良くできてらっしゃいますね。
 もしかすると背中に羽根とか生えてませんか?
 頭に輪っかとか乗っかってませんか?
 あぁ後光がさして見えます。

 お二人とも快く許してくれましたよ。

 「後で16冊買えば良いですから・・・」
  (メ▼。▼)y-~~~おら~

 って冷ややかな笑みを残しながら・・・

 あ,ちゃんと仲直りしましたよ。。。
 ホラ。。。


 別れ際にKさんに一つの質問を受けました。

 「ヨゴレって下ネタのことですか〜?」
  Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 そんな直球勝負な質問を・・・
 答えは今後のお付き合いの中で判断して下さいまし。
 きっとおとうの事ではなく,周りの悪友達のおかげである事が理解して頂ける事でしょう・・・

P.S.
 今後ともどこかでお会いできたら仲良くして下さいネ。
 残りの16冊のチェックはしないで下さいネ。
 できたら・・・できたらみさみさちゃん紹介して下さいネ!(←最優先課題)


nice!(1)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

聖地巡礼!HTB&平岸高台公園 [水曜どうでしょうバカな家族]

(この記事は一部のマニア向けの内容が含まれております)

 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃ ちゃちゃら♪
 ちゃっ ちゃっ ちゃっ ちゃっ ちゃららら~ん♪
 ちゃ ちゃららら~ん♪
 ちゃ〜ん♪ ちゃらららら〜ん♬

水どう.jpg
 【水曜どうでしょうバカな家族】

 皆さんこんばんは!
 水曜どうでしょうバカな家族の時間でございます。

 これまでお届けいたしておりました「冬の北海道の旅」。
 もちろんそれはそれで楽しい企画(企画じゃネーヨ)でございましたがそれは常人の場合。。。

 「水曜どうでしょう」の生まれ故郷である北海道に行きながら何もせずに本州に帰ってきては,どうでしょうバカの名が廃ります!(←どんな名だ?)

 せっかくの北海道ですからね。
 できることならばいろんな企画にチャレンジしてみたいところです。

 「粗大ゴミで家を作ろう!」
 「212市町村カントリーサインの旅」
 「十勝二十番勝負」
 「門別沖 釣りバカ対決!」
 「シェフ大泉 クリスマス・パーティー」
 「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」
   ・
   ・
   ・
 様々な道内企画が走馬灯のように頭の中を巡ります。。。

 あ,今回は個人旅行でなくって団体ツアーでした・・・

 残念!!
 ((((_ _|||))))ドヨーン

 個人でレンタカーでしたら「212市町村カントリーサインの旅」か「十勝二十番勝負」は間違いなくチャレンジしていたかと・・・

 気を取り直して・・・
 団体ツアー中の小ネタをチラホラと・・・

001カレー.jpg052千歳.jpg
 【お土産屋さんの一角には・・・】  【新千歳空港にはonちゃんが】

 摩周湖のお土産屋さんには「大泉洋プロデュース 本日のスープカレーのスープ」のディスプレイが・・・
 ま,別にここである必要はないのですが,ツアー中の最初の出会いだったもので。。。

 同様に新千歳空港でのonちゃんは最後の別れだったんですよね。。。

046音.jpg
 【すすきの氷の祭典のonちゃん】

 安田さんonちゃんですからすすきのが似合ってます。。。

050千歳.jpg051千歳.jpg
  【新千歳のスィーツ屋さんでは洋ちゃん紹介のロールケーキが・・・】

 あ,新千歳では「はなまるマーケット」で大泉さんが紹介していたロールケーキも売っておりました。
 えぇ,もちろん我が家が買うには十分な理由ですので即ゲットです。
 ある意味「花畑牧場の生キャラメル」よりも価値ある逸品です。

 うまかったっす。

 それとカントリーサインは移動中に何ヶ所も見ていたのですが,一般道のカントリーサインは走行中のバスからは撮影が難しいんですよね。。。
 高速道の移動のときだけいくつか撮ってみました。

 「212市町村カントリーサインの旅」からは随分と日が経ちましたから,市町村合併とかで随分変わったのでしょうね。。。

002カントリー1.jpg003かんとりー2.jpg004カントリー.jpg
  【深川町】      【滝川市】      【砂川市】

 深川市は稲とリンゴですかね?
 滝川市はグライダーかな?
 砂川市はヨットでしょうか?

005かんとりー.jpg006カントリー.jpg008カントリー.jpg
  【三笠市】     【岩見沢市】      【札幌市】

 三笠市・・・・全然わかりまへん???
 岩見沢市はばんえい競馬ですね!
 札幌はもちろんすすきの時計台ですよね!

 さて,今回の本編はここから・・・
 お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが,これまでの「冬の北海道記」で我が家にしては札幌の滞在中の行事が少なかったのではないかと・・・(←一般的には十分盛り沢山だと思いますが・・・)

 まず訪ねましたのがこちら!

 さっぽろ地下街ポールタウン HTBコーナー


 いやなに・・・
 バスおろされたところに近かったから行ったんですけどね。。。

 近くに丸井今井もありますからグッズの買い物には事欠きませんね!

010HTBショプ.jpg
   【HTBコーナー】

 う〜ん,狸小路から地下街へ降りたまさにその位置にHTBコーナーがございます。
 いろんなグッズが置いてあって目移りしますね・・・

 もちろん水どうグッズだけでなく,HTBの番組関連グッズいっぱいです!
 時節柄 TOYOTA BIG AIR の宣伝もバッチリやってます。

008おn.jpg
  【onちゃん着ぐるみパジャマ?】

 欲しい・・・
 onちゃん着ぐるみパジャマ!

 18,900円だったかな・・・
 かなりマジで10分くらい眺めてまいした。。。

011ショップ.jpg
   【幟とキーホルダー】

 よく考えたらほとんどのものは既に買っていたので,車に付ける幟とキーホルダーだけ買いました。
 なんにも買わないのもさみしいので。。。

 それではこちらから地下鉄に乗って移動いたしましょう。
 乗車するのは地下鉄南北線。

 さあ皆様,いよいよ聖地へと向かいます。
 心を清め,トイレをお済まし下さい。。。(←意味無し)

044聖地.jpg
  【地下鉄南北線 南平岸駅】

 聖地への最寄り駅,地下鉄南北線・南平岸駅でございます。
 おそらくは聖地巡礼の民達の多くがこの駅の階段を下り,かの地へと向かうのでしょう。

 そしてその南平岸駅の目の前にあるのは・・・

045聖地.jpg
 【ローソン南平岸駅前店】

 世界で最も価値のある討ち入りのできるローソン!(←意味の分からん人は無視して下さい)
 日本中のローソンで最も素晴らしいローソンです。
 特に価値あるのはロッピーです。。。。

 ローソンの前を通り過ぎ,坂道を上って行きます。

043聖地.jpg
 【周りは既に聖地一色!】

 既に聖地近くになると電柱ももうそのオーラにとり込まれています。
 「ユメミル,チカラ HTB」
 ありがたいお言葉が電柱を輝かしていますね!

041聖地.jpg
  【あぁ聖地が見えて参りました・・・】

 エルサレム・・・
 メッカ・・・
 世界中のどの聖地にも劣るとも勝る事のナイ聖地中の聖地!

 北海道テレビ放送株式会社(HTB)


042聖地.jpg
  【屋上でonちゃんが出迎えてくれます】

 HTBの大人気キャラクター「onちゃん」が高い高い屋上から笑顔で出迎えてくれています。
 あぁ遠く宇都宮から巡礼の旅で歩んで来た苦労もその笑顔で救われます。

 ほとんど歩いてませんけど・・・(飛行機とバスと地下鉄)

024聖地.jpg026聖地.jpg
     【HTB玄関へ】         【おにぎりあたためますか】

 HTB玄関に到着です。
 周りはonちゃんだらけですね。

 HTBさん,局内見学ができるようになっています。(要事前予約)
 平日の13:30〜,14:30〜,15:30〜の各30分程度だったと記憶しております。

 今回もできれば局内見学を申し込みたかったのですが,団体ツアー中の空き時間でしたので到着時間が読めない事もございます。
 泣く泣く見学申込はあきらめ,今回の巡礼訪問に至った次第でございます。

027聖地.jpg040聖地.jpg
  【玄関入るとonちゃん】       【周辺地図にも聖地の名が・・・】

 HTBの玄関ロビーはフリーの見学エリアになっておりまして,平日10:00〜17:00,土日祝日10:30〜17:00までは見学できるようになっております。
 こちらは特に予約等は不要です。

 ロビーに入ると正面にonちゃんが暖かく出迎えてくれます。
 雪降る寒い日もその片目でウインクした愛らしい笑顔が全てを忘れさせてくれます。

 HTB周辺の案内にも名所?の数々が紹介されています。
 そしてそこには「キングオブ聖地」の案内も・・・

028聖地.jpg037聖地.jpg
【イチオシ!の立て看板でonちゃんに!】 【各種キルトonちゃん】

 いろんな番組の宣伝ポスター,看板がそこかしこに並んでおりますが,いつでもどこでもイエローで丸い笑顔がいっぱいです。

029聖地.jpg
   【来場記念スタンプ】

 来場記念スタンプも「onちゃん」バージョンと「水曜どうでしょう」バージョンがございます。
 当然両方ともペッタンコですね!

030聖地.jpg
    【雪面のとびうお】

 「サイコロ3」に登場した大泉父ちゃんの愛靴!
 アルプススノー社製の「雪面のとびうお」です。

 どんなに厳しい氷雪面であっても滑る事はない伝説の靴ですね。。。

032聖地.jpg
     【だるま一家】

 「原付東日本縦断ラリー」だるま屋ウィリー事件でお馴染みの「高崎だるま!」
 そして「原付西日本制覇」の後藤姫だるま!」

 変な顔のも含めて親子6体仲良く並んでおります。

033聖地.jpg
【水どう竜宮城に掲げられる看板!】

 かつてはダイヤブロックで発売されたこともある「水曜どうでしょう竜宮城」の天守閣に掲げられる「水曜どうでしょう金文字看板!」

034聖地.jpg
     【釣り神様】

 「釣バカグランドチャンピオン大会・屋久島24時間耐久魚取り」で見事勝ち抜いた「釣り神様」でございます。
 以前は札幌地下街のHTBコーナーに飾ってあったものですね!

036聖地.jpg
【各種onちゃんグッズがひしめいています】

 さて,当然ですがHTB周辺及びロビー内にはおそらくは世界各地から集ったのであろう怪しげな方達が数グループうろついております。
 かく言う我が家もその1つであることは言うまでもありません。。。

 怪しいです。。。

 十分にロビーでの参拝を済ませた後は,すぐ裏にあります「キングオブ聖地」へと向かいます。

021聖地.jpg
   【平岸高台公園 ~概ね前枠・後枠定位置からの撮影~】

 
 ~キングオブ聖地~
 平岸高台公園


 HTBのすぐ裏にあるこちらの平岸高台公園。
 HTB側からですと公園高台から見下ろす形で降りれる形となるのですが・・・

 この日・・・いやここ数日は雪が続いていたようで,一面の銀世界!
 撮った写真も白くとんでますな・・・(めんどくさくて補正してない)

 で,最初は高台から一周写真を撮って周ろうと思ったのですが・・・

 雪。
 雪。。。
 雪~!!!!

 中はいったら遭難しました。。。

 やむなく最下部の入り口からちょっと入ったところで撮影です。
 ま,大体いつもの前枠・後枠の撮影場所に近しいところですけど。。。

 で,周りを見回しますと普通の住宅地でして,これだけ雪が降りますとみなさん雪かきに励んでおられます。。。
 で,そのかいた雪を積んでいくのが・・・

 この公園だったりして・・・
 特に撮影位置から先が尋常でなく雪深かったのはこの辺が原因かもしれません。。。

020聖地.jpg
     【周りは住宅地】

 もちろんHTBのすぐウラですから,公園内からHTBも臨む事もできます。
 撮影定位置から少し右に振ると・・・

022聖地.jpg023聖地.jpg
 【茶色いHTB社屋が見えます】    【屋上には黄色いヤツが・・・】

 ほ~らHTBがみえます。
 onちゃんだってちゃんとわかりますよ。

 世界中に数百万人はいるであろうと推測される(当社計算値)水どうバカ・藩士達の究極の聖地を訪れ,感慨に胸が熱くなります。。。
 喜びにむせてしまいます。。。
 タコ星人となって踊ってしまいそうです。。。

 昨年夏には「西表島」,そして今回は「札幌」
 概ね日本国内の聖地・巡礼の地のほぼ最南端~北端(最北端ではないね)を巡ることができ,水どう冥利につきます!

 こうなれば残る大きな聖地は・・・

 「四国八十八箇所」

 かの地を制覇するのはいつになるのでしょう。。。。








nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最終日:素晴らしき旭山動物園 [冬の北海道へ行こう!]

 いよいよ最終日。。。
 今日の夕方には羽田行きの飛行機に乗らねばなりません。

 本日の行き先はただ一ヶ所のみ!

 旭山動物園

 でございます!

 旭川市 旭山動物園

 

 まずは札幌をスタートして一路旭川へ!
 同じように旭山動物園へ向かっているのであろう観光バスがいっぱい走っていますね。。。

400樹氷.jpg401旭山.jpg
 【夕張川(タブン)には樹氷が・・・】  【ANAの旭山動物園号は良いなぁ〜】

 途中のハイウェイオアシスには他のツアーのバスもいっぱいいらっしゃいます。
 ANAのツアーバスはデザインも旭山動物園でいいですねぇ〜。
 うらやましいっす。

 そういえば,電車で旭山動物園(旭川)にいく専用列車にもシロクマシートとかいろいろ凝ったものがあるらしいっすね。。。
 それにも乗りたかった。

402旭山.jpg468旭山.jpg
   【旭山動物園正門】        【既に大勢の方々がいらっさいます】

 旭山動物園にはほぼ開園時間の10:30頃到着。
 既にたくさんのツアーバス,個人客の皆様が入場しております。

469旭山.jpg
【記念写真を・・・奇しくも映画・旭山動物園物語公開初日当日でございます】

 ちょうど動物園を訪れた日は,映画「旭山動物園物語」の公開初日。
 来園者には映画のチラシ・割引券も配布しておりました。

403旭山.jpg405旭山.jpg
   【正門入った先のパン屋さんは人気のようですね】

 正門入った先にあるログハウス風の小さなパン屋さん。
 開門すぐだというのに列が出来ています。

 バスガイドさんにもなんか言われたのですけど忘れました。
 人気のパンがあるのでしょう・・・

404旭山.jpg
      【シロクマのオブジェで記念撮影・・・・】

 元飼育員さんの絵本作家の方のデザインのシロクマのオブジェの前でも記念撮影。。。
 なんか口裂け女みたいのが写ってるけど・・・

 さて,開園早々は皆さん目指すところが一緒でして・・・
 この時期の最大の目玉であります「ペンギンの散歩」のお散歩ルートへ一目散!

406旭山.jpg
  【既に長蛇の列が・・・】

 ペンギンのお散歩は11:00と14:30の2回なのですが,おとうのように団体バスツアーでの来園の場合は11:00の回しか見る事ができません!(例外のツアーもあります)
 ということで,各ツアーバスのお客さん皆様11:00のペンギンのお散歩を死にものぐるいで見に来るわけでして・・・

 ペンギンの散歩コースは赤いラインや柵で目印がされており,このラインから手足・カメラ共に飛び出す事は禁止です。
 また,ラインに対して1列目,2列目の方はしゃがんで立っている後ろの方の視界を確保してあげなければいけません。

 その他,注意事項としてはフラッシュ撮影禁止(ペンギンの散歩だけでなく園内全部),ペンギンに触ったりしてはいけません。
 お散歩はペンギンの自主性に任せているそうなので,散歩に参加するペンギンの数はその時次第との事。
 歩いてくるペンギンのマイペースでスピードもコース取りも決まってしまうので,できれば最前列で待ち構えたいものです。

 ということで,多少コース位置としては難はあれども確実に最前列で見れるところに陣取り,ペンギンさん達がくるのを待ち構える事といたしました。

 11時を越え,しばらくするとコースの前半の方から「かわいぃ〜!!」とか「きゃ〜〜!!」とかいう黄色い声が上がって参りました。
 もう少しですかね・・・

 と・・・

 キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!

407旭山.jpg
  【来た来た来たぁ〜!!】

 クールミントガム(キングペンギン)の集団がこちらへよちよちと歩いてきます。
 かぁ〜いぃ〜ですねぇ〜!!!

408旭山.jpg
  【あ,なんか1羽。。。】

 あ,1羽だけ違うの混じってますね。。。
 ジェンツーペンギンのようです。

 なんかこいつだけ勝手に歩き回ってる様な・・・

409旭山.jpg410旭山.jpg
  【ひとりでノコノコ・・・】     【あれ,まだこっち来る・・・】

 他の連中を無視してどんどんこっち来ますね。。。
 えっと近すぎて撮りにくいんですけど・・・

411旭山.jpg412旭山.jpg
  【我が家の目の前で停止】      【いろいろ考えている様な・・・】

 スタコラ近づいて来てちょうど我が家の目の前で停止。。。
 目線がガンガン合うんですけど。

 しばらくポージングをいろいろしてくれています。
 かーいーんですけどもう3歩くらい下がってくれると撮りやすいんだけど。

413旭山.jpg
  【一応全身のベストショットってことで・・・・】

 このジェンツーペンギンさんちっさいんですよ。
 ちっさくってかーいーんですよ。

 で,またホントに手を伸ばせば触れる・・・
 いやいや,コートを広げればそのままくるんで持ち帰れる程の近さでして・・・(←シテナイヨ)

 やたらサービスの良いジェンツーペンギンさんばかり見ていたら,クールミントガムの本隊が来ておりました。

414旭山.jpg416旭山.jpg
  【なんか背筋が伸びます】       【凛々しい・・・】

 ジェンツーペンギンほど人の近くには来ませんけど行進する様子が凛々しいですね。
 やたらちっさいやつ(ジェンツーペンギン)がアピールして行ったので,キングペンギンはデカく見えますなぁ〜・・・
 それでも体高は80cmくらいですかね。

 あれ?さっきのやつ何センチだ?
 50cmくらいかな?

415旭山.jpg
     【王様の風格キングペンギンの散歩】

 幼い頃からのおとうの夢なんですけどね・・・
 ペンギンにサンダーバード(国際救助隊)のコスプレさせてクールミントガム噛ませながら散歩させるの・・・

 いつか旭山動物園でやってくれませんかね・・・(ムリ)

417旭山.jpg418旭山.jpg
     【オオワシ】          【オジロワシ】

 何度も野生の個体を見かけたオオワシとオジロワシです。
 何度も見ましたが特徴を確認できたのはここに来てからです。
 今まで遠すぎて分かりませんでした・・・

 尾だけ白いオジロワシ
 クチバシが黄色く目立つオオワシ

 とバスガイドさんに教わったのですが・・・
 合ってる?

419旭山.jpg
 【こちらで遊んでくれるのは・・・】

 続いて,すっげぇ〜〜高いところに張ってあるロープをつたって遊ぶのは・・・

420旭山.jpg421旭山.jpg
  【オランウータンちゃん】      【ちっさい子がまた活発で】

 森の人(誰かではナイ)・・・
 オランウータンちゃんです。

 寒いからでしょうね・・・
 屋内で遊び回っておりましたよ。

 お股おっぴろげで・・・

 屋内のお遊び場もかなり高所でして・・・
 見てるだけでドキドキしちゃいます。

 園内のトイレのたぶん何ヶ所かだと思うんですけど,
 「バイオのトイレ」
 っていうのが設置してあります。

422旭山.jpg
   【バイオのトイレ】

 よく見ると「ウンコが消える?」って言葉が気になります。(見たかP!)
 えっと・・・おがくずみたいなものでどーにかしてバクテリアがなんとかするんだっけな?
 すいませんあんまり読んでませんでした。。。

423旭山.jpg424旭山.jpg
    【エゾシカ♂】          【エゾシカ♀】

 野生のものは・・・
 見飽きたエゾシカですが,まともに写真撮ってなかったのでこちらで・・・

 エゾシカさんはもうすぐ「エゾシカの森」っていう新しい施設が完成するようです。

427旭山.jpg
    【オオカミの森】

 割と最近オープンした「オオカミの森」
 ず〜っとオオカミさんは遠吠えしておりました。。。
 なんでも1週間くらい前に1頭仲間が死んでしまったそうで,悲しみの遠吠えだったのかも・・・しれません。

425旭山.jpg426旭山.jpg
  【うろうろ・・・】         【かっこいいっす】

 かなり大きな身体が特徴的ですかね。
 わりと動き回っております。

429旭山.jpg430旭山.jpg
  【ヘアーズアイ】          【ヘアーズアイの中から外を見る】

 このオオカミの森の特徴として,ヘアーズアイというドームがあります。
 オオカミの獲物であるユキウサギの目線でオオカミを探そう!ってコンセプトのようです。

 ちょうどかわいーかわいーおとうウサギが覗いたときは,オオカミは遠く離れたところへ・・・
 なぜ???

 続いてレッサーパンダのところへ・・・
 こちらもテレビでレッサーパンダのところに吊り橋を架けました!
 ってニュースでやっていたのを覚えていたので観に行ったのですが,どーせ渡ったりするところなんて1日中観てたって観れない事もあるくらいだろう・・・
 って思っていたら。。。

431旭山.jpg432旭山.jpg
           【スタコラ,スタコラ・・・】

 あ,いきなり歩いてるし・・・
 吊り橋だとちょっと遠目でもよく見えますな。

433旭山.jpg
   【途中でちょっとポージングなんてしたりして・・・】

 う〜ん,レッサーパンダちゃん。
 自分のかわいらしさを売るのがうまいっす!

 続いてもうじゅう館へ・・・

443旭山.jpg
    【もうじゅう館】

 もうじゅう館にはいろいろといます。
 ブラジル系を襲うのが得意なToT
 最近オージー系の味を覚えたJUN

 あ,そーゆーのは違いますね。。。

434旭山.jpg435旭山.jpg
   【アムールトラ】             【風格が・・・】

 アムールトラさんはちょうどガラス窓の横の木に顔とかを擦り付けるのが気持ちよいよ~で,間近で顔のアップを見ることができます。
 それこそ猫なで顔でトロンとしております。

436旭山.jpg437旭山.jpg
     【ライオンさん】            【窓の前の板に正座】

 ライオンさん,ただいま喪中だそうでおとなしいです。。。
 こちらも午後のひと時をガラス窓前の板の上でまったりとすごしております。
 なんか台座つきのフィギュアのようです。。。

438旭山.jpg
  【きりっとしたクロヒョウ】

 もうじゅう館は1階部分と2階の両方から動物達を見れるようになってまして,ヒョウのように木の上での生活が得意なものたちはケージの上部にいることが多いようです。
 クロヒョウも2階の見学エリアからは間近なところに陣取り,何かを狙う目をしております。。。

439旭山.jpg440旭山.jpg
        【ユキヒョウのケージは下から見れる】

 さらにユキヒョウのケージは下からものぞけるようになっておりまして・・・

441旭山.jpg
  【肉球ぅ~,肉球ぅ~】

 肉球もみる事ができますね。

442旭山.jpg
   【おとうヒグマ】

 ヒグマ
 でかいっす!
 対おとう比で1倍ですかね。。。(同じじゃん)

 本当はもっとでかいっす。

 それでは人気のエリアへ移動しましょうか・・・

445旭山.jpg
   【アザラシ館~!!】

 大人気アザラシ館へ突入です。
 さすがに団体バスの客が残っている時間帯だと並びますね・・・(←お前もだ)

 10分くらいかな。。。
 並んでようやく館内に!

 ありましたよ,有名な縦型煙突水槽!
 これですよ,コレ!

 ここを通る姿を見ようとかなりのお客さんがひしめき合ってますね・・・
 でもきっとなかなか通らないんだろうなぁ~って思ってたんですけどね。。。

 アザラシさん。
 やたら通りまくります。。。
 面白いんですかね?
 ここ通るの。。。

 もしかすると通過するときに向こう側から人間観察するのが面白いのかもしれません。

446旭山.jpg
 【煙突水槽の目の前を陣取ってアップで!あれ?】

 人ごみを掻き分けてアザラシさんを撮ろうと水槽の前に行ってパチリ!
 あれ,向こう側に2号がいる。。。

 親子で似たようなことしております。

447旭山.jpg448旭山.jpg
   【ちょっとコンパクトカメラではきついかな・・・】

 館内が暗いのとフラッシュ禁止なので,おとうの丈夫なだけが取り得のコンパクトデジカメでは撮影が難しいっす。

 でも気持ちよさそうにアザラシさんたちは泳ぎまくってくれます。

449旭山.jpg450旭山.jpg
   【アザラシ館の外側は】        【流氷の穴から顔を】

 アザラシのプールには冬の海をイメージして氷が張ってありまして・・・
 「流氷広場」って展示になっています。

 流氷の海で暮らすアザラシさん達をみれるようになっています。
 何箇所か空いている呼吸穴から顔を出すアザラシさん達はまるでもぐらたたきの様。。。

 これも冬の旭山だけの特権ですかね!
 次も大人気のほっきょくぐま館へ!
 これまたかなりの列が出来てますね・・・

444旭山.jpg
    【ほっきょくぐま館】

 実はけっこうゆっくり回っていたのであまり残り時間がありません。。。
 まともに並んでホッキョクグマが飛び込む水槽を観に行くには辛いかなぁ~と思っていたら・・・

 並ばないで観れる窓がすぐ横に・・・

 これがですね・・・
 意外と良いのですよ!

 アクティブに活動するホッキョクグマさん達が結構ガブリ寄りで観る事が出来ます!

451旭山.jpg452旭山.jpg
  【ボールが面白そうだなぁ~】       【それっ!ジャ~ンプ!】

453旭山.jpg454旭山.jpg
  【バッシャ~ン!!】           【ボールゲットォ~!!】

 好き放題遊びまわってますね・・・
 ホッキョクグマってこんなに遊びまわるんでしたっけ?

 これまでのイメージを一新するほどの遊びっぷりです。
 なんか幼稚園で遊ぶ園児達をみるようで・・・

455旭山.jpg456旭山.jpg
   【水中だってスィ~!!】     【こっちにもスィ~!!】

 う~ん,観ていて飽きない。。。

457旭山.jpg
             【な~に~】

 見ている距離はガラス越し1枚でここまで来てくれます。
 結局ほっきょくぐま館は中に入らなかったんですけど十分楽しめました。
 う~ん満足。

 で,さらに人気のぺんぎん館に移動!
 帰りの集合時間まであと15分。。。
 果たして間に合うか・・・

458旭山.jpg463旭山.jpg
  【ぞろぞろと入っていきます】      【4種類のペンギンの紹介】

 ペンギン館の売りは・・・
 もちろん「ペンギンが空を飛ぶ!」

459旭山.jpg460旭山.jpg
  【水中トンネルをくぐっていくと】    【ペンギン達が飛んでいます】

 曇天でしたけど水中トンネルから見上げる水中(空)は青く明るく。
 そして空を飛ぶ(泳ぎ回る)ペンギン達はものすごく生き生きと飛び回っています。

461旭山.jpg
     【良いねぇ~】

 ペンギン好きの方にはたまりませんね。

462旭山.jpg
  【バシュッ!と飛び込んで・・・・あ,またジェンツーペンギンだ。。。】

 まさに水中を滑空する。。。
 そんな感じでしょうか。

 ペンギン館内はこのトンネルの他,ペンギン達の展示ルームもあるのですが,外にも遊びに出ています。

464旭山.jpg465旭山.jpg
    【イワトビペンギン】         【渡り橋の途中で昼寝中】

 屋外の放牧場からは冬場のみ渡り橋を渡って「トボガン広場」に遊びに出れるようになっています。
 このトボガン広場は雪山が盛ってありまして,ペンギン達が腹ばいで滑る様子(トボガン)が観れるようになっているそうです。

466旭山.jpg467旭山.jpg
    【トボガン広場】           【キングペンギン昼寝中】

 残念ながらトボガン広場で遊ぶペンギンさんは居なかった(寝てる連中ばっか)のですが,きっと楽しいのでしょうね。。。

 さてさて,ほぼ2時間40分の見学時間もあっという間に終わってしまい,バスの集合場所へ・・・
 旭山動物園の楽しみ方はいろいろでしょうが,もう少しじっくり動物達を観ていたかったですね。
 やはり4時間くらいは欲しいかな。。。

 旭山動物園を振り返ってみまして,多くの動物達が「とにかくよく動いていた!」って印象が強いです。

 古い動物園のイメージって動物達は檻の中で寝ているだけ・・・
 それもどこにいるかもわかりにくい檻の隅で向こうを向いて寝転がっているだけ・・・
 なんの動物を観ているのかさえわからないことが多かったように感じます。

 「行動展示」って言葉でよく表現される,動物が本来持つ運動能力・行動を見てもらいやすい展示形式ってここ旭山動物園がメジャーにしていきましたよね。
 今では多くの動物園がこの形式を取り入れ,従来の「形態展示」から様変わりしてきていますね。

 我が家は動物園とか水族館は大好きですから良く行きますけど,同じ「行動展示」の形態を持っていても,肝心の動物の反応がいま一つの場合もあります。
 旭山動物園の動物達の多くがより生き生きとした動きを見せてくれるのは,それだけ飼育員の方たちがその展示方法に悩み,苦労し,そして何よりも動物達の気持ちを汲み取って今の展示形態を作り上げたおかげなんだと思います。

 動物もすばらしい!
 動物園もすばらしい!

 旭山動物園!良いところです。

 で,ギリギリいっぱいまで動物観て回ってたので,お土産屋さんもほぼ入らずに出てきてしまったのですが,そんな中でも無理して買ったものがいくつか・・・

470a旭山.jpg
【旭山動物園の動物図録(改訂版)】

 このガイドブック良いですよ~!
 一般書店販売してるのかどうかわかりませんが,出版元からは通販で買えます。

 旭山動物園の動物図録(2009年改訂版)

 旭川振興公社
  → http://www.asahikawa-dpc.co.jp/zoo.html

 これから旭山動物園に行く方,行ってきて余韻に浸りたい方,必見です。
 単純な動物ガイドブックではなく,旭山動物園としていろんな動物達をどのような考えで飼育・展示しているのか,これまで飼育してきた動物達の研究,そして旭山動物園の歴史。。。
 いろんなものが盛りだくさんに書かれています。

 超おすすめの1冊です!
 そしてマニア必須の動物園限定グッズといえば・・・

470亜4旭山.jpg470亜1旭山.jpg
  【カプセルZoo(海洋堂)】      【5個買うと専用の袋もらえる】

 天下の海洋堂さんが製作しているカプセルズー
 ガチャガチャでございます。
 もちろん園内限定販売のレア物!

 各門とかの近くにあるのですが,帰りしなにあるだけの小銭をつぎ込んで大人買い!
 全6種類のコンプリートを狙ったのですが・・・

470亜8旭山.jpg
        【ゲットした5種類(ホッキョクグマなし)】

 ぐわぁ~~!!!
 ホッキョクグマだけ無かったぁ~!!

 悔しいよぉ~!!
 こんなことならペンギンの散歩観る前に有り金全部はたいてコンプリート狙うんだったぁ~!!!(←目的を見失ってます)

 全国の旭山動物園カプセルZooをお持ちの皆様。。。
 ホッキョクグマあまってたら下さい。。。
 アムールトラとオランウータンとアザラシでしたら余ってますので交換でも良いです。

 マジです。
 大マジです!!!

 で,悔しかったので帰りの高速のサービスで旭山動物園白クマ塩ラーメンなんぞ買ったりして・・・
 これは動物園でなくともどこのお土産屋さんでも売っております。

470b旭山.jpg
 【こんな感じのパッケージ】

 このラーメンね。
 悔し紛れに買っただけだったんですけど,食ってみたら意外と旨かったのよ。

470c旭山.jpg
 【調理例】

 動物園じゃなくても手に入るので食ってみそ!

 それとツアーでお昼はお弁当が付いていたんですけど,食べてる時間がもったいなかったので帰りの車中まで持ち越し!
 動物園見終わってからがっつきました。

470旭山.jpg
  【あさひやま動物園弁当】

 なんということはないお弁当ですが,パッケージがかわいい。。。
 あ,他のツアーの方でお昼を動物園で食べてる方々もいましたが,ツアーでは時間的余裕が少ないのでこのような車中での食事をお勧めしますよ。

===================================

 さて,これにて3泊4日の冬の北海道ツアーも滞りなく終了。
 正直かなり冷ややかに大したことはないツアーだろうとタカをくくっておりましたが,意外や意外!想像以上の大満足度に自分でビックリしておりました。

 中でも各観光地を巡る間の長い長い移動の車中でとにかく地元北海道のお話をし続けてくれたバスガイドさんには脱帽ですね。
 結局4日間では観れなかった物もいっぱいあるのですが,ガイドさんの話を聞いただけでその物を観れたり食べれたりしたような気になれてしまいましたもの。。。

 ガイドさんがマイクをおいていたのは宿に着く前の1時間くらいだけ・・・
 たぶんネタ帳とかを見ながらだったのでしょうが,それでもビデオ放映とかに頼らない姿勢に感服いたしました。

 えらいぞ!阿寒バス!

 さて,そんなガイドさん,運転士さんとも新千歳空港でお別れです。
 我々はここから2時間かからずに羽田に着けるのですが,バスはとてもその日のうちに釧路までは帰れないそうで,さらに1泊してからの帰社になるとのこと。。。
 お疲れ様です。

 さて,空港について荷物を預け,夕飯がてら最後のお土産でも物色しようかと思ってフラフラしておりましたらね・・・
 やたら行列があったりします。

471千歳.jpg
    【警備員付行列】

 なにかなぁ~と思っていたら・・・
 田中義剛さんでお馴染み・花畑牧場の「生キャラメル」を買うための行列とのこと・・・

 日に何回か入荷して販売するらしいのですが,何十個と買って帰る方がいらっしゃるそうでものすごい人気らしいです。

 我が家は生キャラメルに興味はないので素通りですけど・・・

 で,素通りしてから違うお店が目に留まりました。

 花畑牧場 ホエー豚亭
  → http://fleur.new-chitose-airport.jp/shop/115.html

476千歳.jpg472千歳.jpg
  【花畑牧場 ホエー豚亭】        【ホエー豚丼セット】

 同じ花畑牧場系列ですけど,こっちの「ホエー豚丼」は痛烈にテレビで見たときの記憶が残っております。。。

 脳神経が叫びます!
 『喰いたい!』と。。。

 で,いきなり入店してオーダーですよ。
474千歳.jpg475千歳.jpg
  【蓋からはみ出るお肉たち】        【ホエー豚丼】

 どの辺が「ホエ~」なのかはわかりませんが,蓋を開いたとたんに炭の香りがふんわり漂います。
 お肉はバラロースモモの3箇所のものを2枚づつ位かな?甘辛いタレで絡めて焼いてありまして,なにをどーやっても食欲中枢を刺激する味に仕上げてあります。

 そーいえばテレビで見たときもこの3つの部位を炭で炙ってたんだよなぁ~・・・
 モモには肉そのものの味としっかりとした触感が。。。
 バラには甘い甘い脂のうまみが染み出て焦げ目には香ばしさも。。。
 そしてロースには両者の長所を良いところ取りしたような絶妙なバランスが!

 旨し!
 激旨し!!

 で,喰いながら目の前のチラシ読んでたら・・・

473千歳.jpg
【ホエー豚丼食うと生キャラメル買えます】

 ホエー豚丼セットを食うと,1セットに付き3個の生キャラメルを並ばずに買えますとのこと。
 冷静に考えると良くできた商売だな・・・と思いながらも,策にのって買ってみました。

479千歳.jpg
【生キャラメル プレーン/ホワイト/ストロベリー】

 そんでも話のタネ程度でよいので,3種類を1個づつ。。。
 帰って喰ったら想像したよりも全然おいしかったっす!

nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行