So-net無料ブログ作成
映画大好き! ブログトップ
前の5件 | -

『銀魂』アイススプーン! #銀魂 #ファミマ [映画大好き!]

 映画 『銀魂』

 良かったですね!

 名作の部類ではないですが,娯楽迷作としては最高の出来栄えだと思います!

 いやいやルール無用のエンターテインメントとしてすごく楽しめましたね!

 えぇ,もちろん千年に一度の橋本神楽ちゃんが一番でしたけど。

 さて,映画はさておき。。。

 たぶんなんとなく応募したけど忘れていたキャンペーンからお知らせが届きましたよ!

DSC_0718.JPG
   【銀魂スプーン当選のお知らせ!】

 ファミマでアイス買った時になんか『銀魂』の映画とコラボのキャンペーンやってたんだ。。。って記憶はあるんですが,どうやって応募したとか何が当たるとか全く覚えてなかったんですが,当たりました!

 狙い通りです!←ドコガ

DSC_0719.JPG
    【こんな箱が送られてきた。。。】

 ずいぶんおされな。。。

 今どきの北欧風キッチン用品みたいな箱ですね。

DSC_0720.JPG
    【箱の中身は・・・】

 アイスカップにスプーンがぶっ刺さってます。

DSC_0726.JPG
    【15.0%の由来】

 ふ~~ん。。。そうなんだ。。。

 で,ブツを取り出してみると。。。

DSC_0723.JPG
    【をぉ!小太りなスプーンだ!】

DSC_0724.JPG
      【裏には15.0%の刻印がありますね!】

DSC_0725.JPG
     【柄のところがかなりデブなつくりになってます】

 かなり随分親近感がわくデザインです。

 良いお友達になれそう♡♡

DSC_0730.JPG
    【もちろん銀ちゃんのマークがしっかりと入っております】

 個人的には神楽ちゃんの「神」マークとか,なんだったら「環」マークでも良かったんですが。。。←カンケイナクナル

 で,このアイススプーン!

 たぶん巷で噂の固いアイスにバターのように刺さるスプーン!←タブン違う表現

 試してみない訳には行きません!

 ってことで,用意しましたのはハーゲンダッツのアイスに,付属のプラスプーン!

 あと家にあった適当な金属スプーンに銀魂スプーンでございます。

 では,動画でどうぞ!



 正直言いましてね。。。

 金属スプーンでも通るんですけど,深くまで均等な力でスゥゥゥ~。。。て入っていくのは間違いないっすね!

 そしてスプーンが入った断面がうっすら融け加減であるのが特徴であるかと。。。

 熱伝導がどうちゃらと。。。細かい理屈はあるようですが,たぶん柄の部分が脂ののった鰤のように丸く太いのもその関係なのでしょう。

 アイスを喰う時はもちろんの事。

 おとうのよき相棒として,このスプーンと付き合っていきたいと思います!

nice!(3)  コメント(0) 

adidas × STARWARS パーカ―!再び #starwars #adidas [映画大好き!]

 STARWARS といろんなアパレルメーカーさんとのコラボ商品っていっぱい出てるんですけどね。。。

 日本ではユニクロさん系とかですかね?

DFG.jpg
   【この2枚はユニクロさんの特売500円/枚で買った!貴重な3XL!】

 以前はそれこそ今回と同じadidasのTシャツとかパーカーとかも出てたんですけど,サイズ展開がね。。。

 日本人向けはちょっとちっさいっすよ!←お前がデブだ

 参考記事:続『adidas × STARWARS』ミレニアムファルコンパーカ―&Tシャツ

 7年半前のお買い物でしたね。。。

 えぇ,もちろん今も現役で使っておりますが・・・

 たまにeBayとかああちこち物色しておりまして・・・

 あっちもんはサイズ展開もデザインも大変豊富です。

 何よりデブに優しい。。。

 いっぱい買うとキリがないので,今回は一点のみオーダーっす!

01.jpg
    【adidas × STARWARS パーカ―っす!】

02.jpg
    【モスグリーンベースにワッペンやら刺繍やら・・・】

03.jpg
    【広げるとこんな感じ!】

04.jpg
   【adidas と STARWARS のロゴはしっかりと刺繍で!】

 オレンジロゴがよろしいよね!

 プリントでないところがお気に入りっす!

05.jpg
   【adidas と反乱軍のコラボマークがいっぱい!】

 この辺りが素晴らしい!

06.jpg
    【サイズはもちろんあっちのXXLサイズ!】

 これが一番のポイントだよね!

 アメリカやユーロ系でのXXLサイズ,日本(J)サイズだと6XO?まじ?

 このデザインのパーカ―もしかすると国内販売してたかもしれませんが,たぶんこのサイズ展開はおそらくなかったはず!

 前回もそれで海外から直買いしましたからね。

09.jpg
   【ほぉ~~ら!ドピッタシのサイズ感!】

 これだよ!コレ!

 こうじゃなくっちゃ!←自分の身体を肯定

07.jpg
   【襟元内側には「MAY THE FORCE BE WITH YOU」の文字が!】

 裏側にもこんな気配りがあるのが嬉しい!

08.JPG
   【タグにはこんなメッセージが書いてありました】

 えっと,メイザフォースのドイツ語版とフランス語版っすかね?

 今回の買い物はイギリスからだったので,ユーロ圏がメインの商品展開だったのかな?

10.JPG
   【パーカーのフードにチャックが付いてるですよ!】

11.JPG
   【背中側に開いて垂らしておけるのでフードがもたつかない!】

 これも実用面では大変うれしい工夫っす!

 デザイン的にはフードはあった方が良いものの,いざとなるとそうそうフードかぶるシーンってなかったりして・・・

 もたつかずに開いておけるのはとても嬉しい!

 またSTARWARSの新作公開に合わせていろいろ出てくるだろうから,良いものあったらまた買っちゃおうっと!


タグ:adidas STARWARS
nice!(3)  コメント(0) 

第29回東京国際映画祭でキンゴジ4Kを楽しもう! #キングコング対ゴジラ #tiff #日本映画専門チャンネル [映画大好き!]

 第29回東京国際映画祭

 もう29回になってるんですね。。。

 東京に住んでいた頃は何度か行きましたけどね。

 今となっては会社休んで全作品観る勢いで楽しんでおけばよかったと。。。

 この手の映画祭を楽しむには少しばかり住処が遠くなってしまいました。

 前回はまだ渋谷BUNKAMURAで開催していた頃。。。

 スピルバーグ&トム・クルーズのマイノリティーレポートとか,ハリソン・フォードのK-19とかの上映があった時だったと思います。

 もう少し前に会場入りしていればトムとかスピルバーグのサイン貰えそうだったんですけどね。。。

 残念です。。。

 さて,今回は何年ぶりだか忘れたくらいにこの映画祭に出向きます!

IMG_2092.JPG
    【今やメイン会場は六本木ヒルズ!】

IMG_2093.JPG
    【ずいぶんとインテリジェンスな映画祭になったものです】

IMG_2091.JPG
    【上映作品も増えましたよね!】

IMG_2088.JPG
IMG_2089.JPG
    【関係者用のラウンジなんかもあるみたいですね。。。】

DSC_2656.JPG
    【スケジュールはびっしり!】

 各作品の上映は,ヒルズ周辺のいくつかの会場に分かれての上映となるようです。

IMG_2102.JPG
   【ヒルズ向かいのEXシアター】

IMG_2099.JPG
    【今日はこちらで作品を楽しみます!】

 今回はいつもケーブルテレビで楽しんでる日本映画専門チャンネルさんのご招待で,日本映画クラシックスと名うった企画のこちらを鑑賞に来ました!

無題.jpg
無題2.jpg

 マニアの方は知ってますけどね。

 こちらの作品は長い間オリジナルフィルムがどっかいっちゃってまして。。。

 チャンピオンまつり等に使われていた短縮版が出回って居た感じなんですけど,こいつのほぼオリジナル版を4Kデジタル修復した作品として作り直した作品となります。

 既に日本映画専門チャンネルさんでは放映されていたり,年末に向けても放映予定があったりしますけど,劇場スクリーンでの上映は,記憶の限りだと試写会を含めて2回目くらいでないですかね?

 そして上映後にはお楽しみにトークショーもあるとのこと!

 ワクワクで都会に出てまいりました!

DSC_2653.JPG
    【まもなく開場!キンゴジテーマの生演奏で迎えてくれます】

IMG_2103.JPGIMG_2104.JPG
     【記念にトートバッグ買っちゃった。割と良い出来!】

IMG_2105.JPG
    【こんなシアター!】

 まもなく上映!

 キングコング対ゴジラ(4Kデジタルリマスター版)

 個人的にはキングコングとゴジラの活劇である以上に,有島一郎さんの活躍と言うか味わいが大好きな作品でしてね。

 キングコング対ゴジラ対たこ部長(有島一郎)ってタイトルにしたいくらいでしたな。


 以前劇場でみたキンゴジはフィルム版でしたからね。。。

 それなりに傷んでいた映像でしたかね。。。

 修復時の見比べ映像を番組で観た感じでは,デジタル修復でかなりキレイに・・・

 傷が無くなるだけでなく,発色だったり,観えてはいけないものを消したり,その逆だったり・・・

 随分手間をかけた仕事だったと思われます。

 さて,上映後はお楽しみのトークショー!

IMG_2112_1.jpg
    【トークショーの始まり!】

 トークショーはフジテレビの笠井アナウンサーの司会のもと,本作の撮影時にも特殊技術で参加していた中野昭慶監督を招き,さらには映画評論家の町山智浩さんがトークに華を咲かせてくれます!

IMG_2108_1.JPG
   【フォトセッション!】

IMG_2110_1.jpg
    【ゴジラポーズのリクエストに応えて・・・】

 さて,トークショーの話題はかなりあちこちに飛んでましたよね。。。

 まずはデジタル修復のお話ですかね。。。

 中野監督がおっしゃってましたけど,フィルム作品は出来上がった瞬間から風化していく宿命をもっているもので。。。

 それが今までの作品の運命で,当たり前のことだったわけで。。。

 でも最近の作品であったり,こうしてデジタル修復された作品は,改めて作った時そのものの輝きを持ち続けることができるのですよね。。。

 作品として産まれた後,人生と同じように老化していく映画作品が,今は老化しないものになってしまったのですね。

 嬉しいような,寂しいような。。。

 同様にゴジラもシン・ゴジラからは着ぐるみではないデジタルゴジラに。。。

 良いとか悪いとかではなく,以前の特撮とは違う世代になったということですよね。。。

 うんうん。。。
 色々想いをはせてしまいます。。。

 着ぐるみゴジラと言えば,ゴジラのスーツアクターとして有名な中島さんのお話が盛り上がっておりましたね。

27-482c6.jpg
    【以前お会いしたゴジラアクターの中島春雄さん!】

 中島さん当初はキンゴジでは,キングコングに入っていたそうですが,動きがどうにもゴジラだったそうで・・・

 結論ゴジラにコンバートされたそうで。。。

 作品の最後をご存知の方はわかると思いますが,ラストでキングコングとゴジラはもつれあったまま熱海の海に落ちていきます。。。

 『この時にゴジラが上になっていたのでオレの勝ちだ!』

 中野さんの名言だそうです。。。

 でも撮影時はゴジラが重くてどうしても下になって落ちてしまうため,最後はゴジラの尻尾を中野監督が抑えながら落したそうで・・・

 苦労話ですね。。。

 スーツと言えばキングコングのスーツ。。。

 これまたみればすぐにわかりますけど,腕の長さが。。。

 アレですよね。。。

 ま,これもこだわりの味って事で。。。

 あと中野監督がお話されてた円谷英二さんのこだわり!ってのが面白かったですね!

 撮りたかったのはゴジラでもキングコングでもなく・・・

 タコだったと。。。

 あ,有島一郎さんではないですよ。

 ファロー島に出てくる方の大ダコです。

 これまたみればすぐにわかりますけど,これはモノホンのタコでして。。。

 これを大ダコに見立てるために,いけすのタコを全て買い占めて,さらにはいけすの近くにセットを作って撮影を実施したそうで!

 それでも演技しないタコ(アタリマエ)に苦労したお話が大笑いでしたね。

 トークショーも終わった後,監督との握手会がありました。

 結構な人数のお客さんが並んでおりましたが,一人一人に受け答えをしながら握手をされる監督が印象的でしたね。。。

 またどこかで楽しいお話を聞かせてもらいたいものです。


 さて,本題に戻りますが・・・

 映画祭。。。

 いいっすよね。。。

 普段観に行かないような作品もいっぱい上映されております。

 ってか,日本で配給されない映画もいっぱい上映されます。

 こーゆー機会だからこそ,可能な限り全ての作品を観に行きたいものですよね。

 映画好きであればこそ,そんな贅沢な映画三昧をしてみたい。。。

 退職したら一回くらいそんなことしてみようかな。。。
 

 

スター・ウォーズ展 宇都宮巡業! #宇都宮美術館 #スター・ウォーズ展 [映画大好き!]

 昨年の6月くらいでしたかね。。。

 六本木でスター・ウォーズ展が開催されると知り,宇都宮くんだりから観に来ましたっけね。。。

 参考記事: スター・ウォーズ展 ~暗黒卿との対決!?~

IMG_9845.JPG
     【六本木の森ビル屋上で暗黒嫁と対決しましたっけ。。。】

 結構な人混みの中,展示物の一つ一つを食い入るように観てきましたっけ。。。

 その後は横浜での開催を観に行ったり。。。
 あちこちの地方を廻るんだってことを後日知りました。

 しかしまさか。。。
 栃木に来るなんて・・・

 思ってもおりませんでしたよ。←一応喜んでる

IMG_1725.JPG
    【スター・ウォーズ展 9.18-11.27 宇都宮美術館】

 スター・ウォーズ展
 未来へつづく,創造のビジョン。

IMG_1722.JPG
     【けっこうな雨降りの中訪ねました。宇都宮美術館】

IMG_1723.JPG
    【きれいな美術館なんですよ】

 宇都宮市内としてはやや郊外に位置しますが,あちこちに美術品が展示してある大きな公園の一角にございます。

 我が家からは徒歩圏内なので,回数券があればそれを買いたいくらいですね!←美術館の友の会というのがある

 美術館内にはレストラン(前はイタリアンだったが今何だったかな?)なんぞもあり,パーティーなんかにも使えるおされなところです。

 随分昔ですが,おとうの企画・制作・司会・etcで,ここで結婚披露宴なんぞもしましたっけ。。。

IMG_1724.JPG
    【初日と10月29日はコスプレOKデーとなっております】

 県内および近県のその筋の方は是非いらしてください。

 おとうはコスプレ系はあまり興味ないので・・・←何も着れない生ジャバザハット

 他にもミニコンサートや学芸員さんのトークなんぞもありますので,その辺をお楽しみにしても良いですね!

IMG_1726.JPG
     【いざ,入場!】

IMG_1727.JPG
    【エントランス(撮影OK)はこんな感じ】

 丁度左奥がグッズ販売エリア,画角の右側がベイダー卿との撮影コーナーとなっております。

 両方ともチケットエリアにはなっていないので,美術館を訪れるだけで無料でお買い物したり楽しんだりできまする。

sketch-1474527623096.jpg
    【ベイダー卿と記念写真!】

 ここの優れてるのは,写ってないけど手前にスマホスタンドが設置してありましてね!

 お一人様でもセルフタイマーでツーショット写真撮れるようになってるんですよ!

 で,このコーナーの目の前がチケット売り場!

IMG_1734.JPG
    【入場券買って入ります!】

IMG_1735.JPG
    【チケット売り場の右手コーナー(ここも撮影OK)】

 歴代作品のパネルが並んでおります。

 奥左側の通路をくぐると。。。

sketch-1474527805885.jpg
    【トルーパーさんに捕まりました。。。】

 いや,捕まってませんけど,このホールまでは撮影OKです!

 この両側2か所に展示ブースが分かれておりまして,そちらは撮影NGです!

 宇都宮で初公開の展示物は!!!!

 なんかあったかな???←気づかなかった

 六本木の時ほど混んでなかったので,じっくり鑑賞できましたけどね。。。
 あ,横浜の時も混んでなかったか。。。

 150秒ムービーも全部観てきたかな。。。

 改めてじっくり観てきましたが,既に脳細胞が死にかけているので,去年観たものかどうかすら判別できなくなっておりました。

 R2の展示を眺めてた時は,今年亡くなったケニー・ベイカーさんに思いを馳せておりましたね。

 改めてご冥福をお祈り申し上げます。。。

 ま,なんにせよ展示は全て新鮮に楽しめたという事で。。。

DSC_2499.JPG
    【グッズも昔と比べると新作はいくつかあった気がしますが・・・】

DSC_2500.JPG
    【宇都宮オリジナルは無かったんじゃないかな?タブン】

 開催は11月後半まで。。。

 地元でやってる間にまたふらっと観に行きましょうかね。。。


『怒り』 #映画怒り #感想 [映画大好き!]

 観終わった後に清々しい感動を覚える映画ではない。。。

 映画の終盤に向け,いろんな感情の爆発を自分の心の中で痛いほどに感じられる。。。

 一つの映画の中で,大きな大きな感情の高ぶりをいろんな形で波状攻撃のようにぶつけられていた気がします。。。

怒り.jpg

 映画『怒り』

 観ようと思ったきっかけはかなり前から観ていた予告編ですかね。

 贅沢なほどのキャストを揃え,衝撃的な殺人事件をきっかけとした物語がスクリーンに紹介されておりました。

 えぇ,もちろん少なからずも大好きなすずちゃんが出ていたことも影響しております。

 そして一番の理由は,李相日監督の作品であること!

 『悪人』

 これがまたドスンとくる作品でございました。

 ざっくりとは映画予告編だけの情報しか知らないまま。。。
 原作を読まずに映画だけのインパクトを楽しもうと劇場を訪れました。

 きっかけは,八王子の夫婦殺人事件。。。
 被害者の血で壁に記された「怒」の文字。。。
 得体のしれない叫びにも似たこの言葉が,劇中ではいろんなシュチエーションに描かれた登場人物の心の絶叫を暗示するものとなっていくのです。

 宮﨑あおいの叫び,広瀬すずの叫び,妻夫木聡の叫び。。。
 3つのストーリーの全てで圧倒的な感情の振り幅を観る者にぶつけてきます。

 どうしてくれよう。
 なんとかできなかったのか?
 なんでこんなことに。
 ああしておけば。。。

 自分が直面するかもしれない色んな人との出会い,心の葛藤,事件,etc...
 登場人物におこる事象のどこかを自分に置き換えてしまい,いつしか観る者も
 ぶつけようのない心の叫び
 をあげたくなるような展開となっていくのです。。。

 そして理解することの難しい叫びを抱えていたのが隠れていた犯人でもあるわけです。

 特筆すべきはやはり女優2人の演技でしょうか。。。

 宮﨑あおい。

 これまでも素晴らしい演技をスクリーンで演じてきてくれました。

 でもこの「怒り」はこれまでの彼女を覆すほどの演技をみせております。

 おそらく人物設定上ではかなり難しい位置付けの役作りであったかと思います。

 その人物像の中でみせる彼女の心の葛藤,爆発は叫びだす声だけでは発散しきれません。

 着飾らない素のままの彼女の演技は宮崎あおいの姿をしながらも,明らかに生まれ変わったほどの異なる宮崎あおいをみせてくれています。

 広瀬すず。

 大好きです。付き合ってください!←チガウ

 この映画で間違いなく彼女は女優になりました。

 これまでの彼女と今後の彼女は絶対に違うはずです。

 劇中の彼女は正直言うとすずちゃんファンとしてはかなりショッキングなことになっております。

 でも彼女の叫び,怒りはまさにぶつけようのない心の叫びの最もわかりやすいモノとなっています。

 沖縄の海に,沖縄の空に響くすずちゃんの叫びは,声として響くものだけ出は発しきれないもっともっと深く大きなものであります。

 人は皆,なにかしら行き所のない感情の大波を抱えることがあります。

 その感情の振幅からあふれ出る叫びを「怒」としてこの映画は表現しているのだと思います。

 もちろん彼女たちを生まれ変わらせたのは李相日監督の手腕によるものでしょう。。。

 そしてその力は他の出演陣にもしっかりと伝わっております!

 3人の謎を持つ男を演じる綾野剛,松山ケンイチ,森山未來はもちろん,渡辺謙,池脇千鶴,沖縄の少年を演じた佐久本宝,みな素晴らしい。。。


 最後に忘れてはならないのは音楽のマッチング。。。

 心の叫びを描く中で,演技と共に観る者の心に沁み込み,そしてゆすってきます。。。

 実はこれも劇場いくまで知らなかったのですが,坂本龍一のもとに2CELLOSが奏でるものでありました。。。

 俳優陣の素晴らしい熱演!
 世界的スケールの音楽!
 李相日監督の圧倒的なパワー!

 そのすべてが結実した作品としてこの『怒り』という作品は出来ております。

 あまりにも心をゆすられ過ぎて,安直に「面白いから是非観に行ってください!」とは言いにくい程の作品です。。。

 でも映画が好きであるならば観なければいけない作品であると思います。


前の5件 | - 映画大好き! ブログトップ