So-net無料ブログ作成
おとうの独り言/射撃系 ブログトップ
前の5件 | -

第171矢:栃木県綜合射撃場(ライフル射撃場)復活!? #shooting [おとうの独り言/射撃系]

 思い起こせば10年くらい前・・・←記憶がテキトー

 初めて自分の銃で発砲をしたのは,

 『栃木県綜合射撃場』

01-db67d.jpg

 でございました。

 トラップ2面,スキート2面のクレー射撃場は,本部公式大会,全日本選手権をはじめとする名だたる大会が開催され,それこそ国際大会への派遣選手の合宿などにも使われるほど素晴らしい射撃場でございました。

 クレー射撃場だけでなく,ライフル射撃場(エアライフルもかな?)も併設され,射撃競技の総合施設として日本でも有数の規模を誇る素晴らしいものであったわけでございます。

 しかし。。。

 世の流れと言いますか・・・

 鉛問題,騒音問題,etc...

 諸般の事情を持って,2004年からお休みちう。。。

 現在は・・・

06-0eef6.jpg
         【トラップ射面・・・】

1-94d37.jpg
       【スキート射面】

07-3c25e.jpg
      【狩猟犬・狩猟猟銃慰霊碑】

 兵どもが夢のあと。。。

 あぁなんとももの悲しや。。。

 ここでお友達が優勝した姿をみたり・・・

 アジア大会,世界選手権で活躍する選手たちの射撃をみたり・・・

 へたくそながらもダブルトラップの練習に1日の消費弾数全てを撃ちこんでいたこともありました。。。

 いろんな想いが走馬灯のように蘇ります。。。

 とっても良い射撃場でした。

 多くの皆さんがあそこは良かったと言ってくれる射場でございました。

 なにより自宅より最も近かったのが最高で・・・

 あぁ復活してほしい・・・

 関東近県の・・・
 いや全国のシューターさんの切なる願いであったかと思いますよ。

 そんなこんなで約10年。。。


 もしかするともしかするかもしれないお話がついに持ち上がってきたのです!

Bfi1Z0WCYAAyiVm (450x800).jpg
     【再開に向け土壌調査!】

 をぉ,再開!?

 もっとも書いてあるのはライフル射撃場の方ですからクレー射撃場は論外なのかもしれません。。。

 でも復活すれば少なくともライフル競技シューターさんにとっては大朗報でしょう!

 できるものならついでにクレー射撃場の方も・・・

 願いたい。
 お願いしたい!
 どーにかして頂きたい!

 銃砲許可所持者が激減している昨今ですからね。
 なかなか世の中的には難しいのかもしれません。

 でもね。。。

 2020年東京オリンピック開催!

 とかもありますし。。。

 盛り上げていきましょうよ!

 未来のメダリストを育てられるかもしれない!
 明日の麻生太郎を生み出せるかもしれない!?

 どーか!
 どーーーーーか,ひとつ!

 クレー射撃場も再開していただけないでしょうか?
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第158矢:がんばれ!中山由起枝選手!応援射撃。。。 #shooting [おとうの独り言/射撃系]

 暑いっすね。。。
 蜃気楼が見えそうです。。。

 少なくとも1ラウンド撃ったあとのリブの上には陽炎が揺らいでおりますね。。。

 銃身なんて熱くて熱くて・・・
 目玉焼きくらいは焼けそうです。。。

 そんなアホみたいに暑いときこそ射場ですよ!
 もう変態レベルに暑いですけどね。。。

 水冷式の散弾銃とかどっかのメーカーで発売してくれないかと思う程です。

CA3I0470.jpg
    【すげーあちーよ。猛暑の射場は・・・】

 うーん。。。
 ロンドンではオリンピックの真っただ中!

 何かがどーにかなれば,おとうもその会場でファンの声援を受けていたかもしれません。。。←ナンノハナシダ?

 ま,おとうの残念な話はさておいても,もうあと2,3日で中山選手がオリンピックの場で再び,いや三たびメダルへのチャレンジをすることになります。

 北京では競射での4位。。。

 悔しかったですよね。

 きっとその雪辱を果たしてくれるはずです!

 おとうが暑い中,撃ちに行ったのはですね。。。
 なんとなくそんなロンドンで闘う中山選手にエールを送りたくて・・・

 声も届かず,応援にも行けませんが,気持ちだけ・・・
 本当に気持ちだけですが,送りたくてなんとなくちょっとだけ時間作って撃ってきました。

 別にね。
 おとう1人が勝手に撃とうが,願掛けにもなんにもならないんですけどね。
 そんなのわかってるんです。

 でもね。
 何かをしたい。
 何かを届けたい。

 そんな気持ちだけです。
 勝手にやってるだけですから,その気持ちすら多分届かないと思いますけど・・・

CA3I0469.jpg
     【青い空の向こうはきっとロンドン!】

 リブに気持ちを乗せて・・・
 緑の射面を飛び越えて・・・
 青い空も飛び越えて・・・

 飛んでけ!
 応援エール!

 がんばれ中山!
 北京の結果はロンドンの栄冠の為の布石さ!

 フレー!フレー!
 なーかーやーまー!!!!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

山口国体のこと。 #shooting #choruru #yamaguchi #kokutai [おとうの独り言/射撃系]

 山口国体

 10月1日からが会期なのですが,会期前実施競技として幾つかの競技はこの9月から実施されます。
 その中の一つに「クレー射撃」がございます。

 クレー射撃は9月11日〜15日までの5日間。
 各県の代表選手の皆さんが熱い闘いを繰り広げてくれます。

 おとうも腐ってもシューターの端くれ・・・
 いや腐ってるシューターかもしれませんが・・・

 本来であれば,
 「これから国体で頑張って来ます!」
 って書ければカッコいいんですけどね。

 残念なシューターであるおとうには,遥か天竺よりも遠い目標になっておりますね。。。
 とりあえずは見事出場を決めているお友達の活躍を祈るばかりです。

CA3I0312.jpg
       【ちょるる君クレー射撃ピンバッチ】

 会期前にも関わらず,山口国体マスコットのちょるる君のクレー射撃のピンバッチを頂けました。
 銃の先にクレーがちゃんと飛んでいるデザインなのですが,最初みたときはラッパ吹いてるデザインなのかと思ってしまいました。

 こーゆー記念グッズ。
 できれば自分で出場して買って来たいものですよね。

 いろいろ事情があって,このところ大会どころか練習にさえ行けておりませんが,射撃を続けている限りは国体出場はいつか叶えたい夢ですよね。

 何年もやってて結果が出せないのは才能がないからだと言われる方もいらっしゃいます。。。
 そんなことは言われんでもわかっております。

 でもね。
 夢とか目標があってこそ前に進めるものなのだろうと・・・
 そう思ってる次第ですよ。

 今しばらく撃ちに行く事はできませんが,心に秘めた思いだけは沸々と燃えさせておきますよ。
 えぇ,そーですとも。。。

 11日からの皆さんの射撃っぷりを期待しておりますよ!
 がんばれ代表選手の皆さん!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第147矢:アインシュタインの眼『クレー射撃 〜0.6秒で撃ち落とす技〜』 #shooting [おとうの独り言/射撃系]

 大佐ぁとか信田銃砲・若旦那さんの呟きをみるまで全く知らなかった番組なのですが・・・


 大ファンの元ヤクルト古田選手がメインキャストなんですね。。。
 知らなかった・・・
 そして観たら面白かった・・・

 なにかNHKと聴いただけでうっすらと敵対心を感じる(←意味無し)刷り込みがおきていたため,滅多にチャンネルがNHKさんになることはなかったんですよね。。。
 そうその昔「できるかな」のノッポさんとゴン太君を熱心に観ていたくらいで・・・

 で,その天下のNHKさんのBSプレミアムというチャンネルの土曜18:00〜18:44で放送されておりますこの番組。(再放送は火曜12:00〜,水曜24:15〜)

 今回おとうにとって・・・
 いや日本全国●万人のシューターさん(←そんなにいるかな?)の待ちに待っていた映像を撮ってくれたのです!

 『クレー射撃 〜0.6秒で撃ち落とす技〜』

 北京五輪ファイナルで大活躍した中山由起枝選手の協力のもと,彼女の射撃を徹底分析!
 アインシュタインの眼が誇るハイテクカメラを駆使した映像,そしてスポーツ科学分野のスペシャリストの方々の分析と意見を交え,トップシューターのトップたる所以を解析しているのです!
 映像・画像は天下のNHK様のものですのでご紹介出来ませんが,興味深い内容のいくつかをご紹介致しましょう!

 番組は北京オリンピック女子トラップ競技ファイナルの様子から・・・
 何度見直しても悔しい3位のメダルを取り損ねた時の闘いの様子が映ります。
 うーん。。。
 あとでまたDVD見直そ。。。

 激闘を繰り広げた中山由起枝選手を訪ねて皆さんよくご存知のT木県の射撃場へ・・・
 NHKさんらしく,そこかしこに特別に許可を頂いて撮影していますというテロップが入り,十分に安全と法の遵守を意識している番組作り・・・流石です。
 そして中山選手の実射を交えながらクレー射撃・トラップ競技の解説をしていきます。

 中山選手が実際にクレーを捕らえるスピードはクレーが放出されてから0.6秒!
 中山選手曰く,最も的確にクレーを捕らえる事の出来る距離が射台から35mくらいのところ・・・
 これが0.6秒で撃ち落とせる距離という事になる訳です。。。

 0.6秒・・・
 すげっすね。
 公式大会で中山選手をはじめ,トップシューターさん達の射撃は皆さん早い!
 って言うか,自分が遅いんですけどね。。。

 時間云々というよりは,自分が撃ち落とす為のエリア(これが所謂35mラインですかね)が間違いなく存在し,そこで的確にクレーを落としていっていますよね。
 自分の射撃に振り返ってみると・・・
 もう涙しか出ませんね。。。


 さて,この0.6秒(35m)での撃破を科学的に分析していくのがこのアインシュタインの眼の真骨頂な様です。
 最初に取り組みましたのは散弾の発射の様子。。。
 どのようにして散弾のショット(粒々)がクレーを破壊していくのかを映像で捉えるというものでした。

 使いましたのはウルトラハイスピードカメラ!
 なんと1秒間に100万コマが撮影出来るとのこと。
 かわりに録画出来る時間はなんと1/400秒。。。短っ!

 まずは発砲の瞬間!
 銃口からショット&ワッズが飛び出る瞬間の映像が見事に捉えられております!
 すばらしい!

 うぉ〜!
 押し出されてるって言うのが良くわかりますね〜。。。
 すげぇ〜〜〜!!!

 続いて銃口から70cm。
 まだまだショットは塊でワッズがそのお尻にくっついてる感じ。。。

 2m。
 ワッズが離れ始めますね。

 10m。
 ショットが四方にそして前後にも拡散し始めています。
 ショットコロンができてきてますね。

 20m。
 さらに拡散。。。

 そして35m。
 画像上ではかなり拡散してる様に見えましたが,ショットの一つ一つがわかる程のクローズアップ画面ですからね。
 実際はそれでもかなりの密集のはずです。

 そして35mラインに吊るしたクレーを粉砕していく様子。。。
 最初の1粒2粒は当たってもクレーに弾かれていますね。。。
 ショットが何発も当たるうちに次第に撃ち抜かれ,砕けていくクレー・・・
 まるでマシンガンの乱射を受けているようです。
 すばらしぃ〜〜〜!!!

 これも,をぉ〜〜!!って感じの映像ですよね。
 ウルトラハイスピードカメラ様さまです。

 番組ではここでゲストコメンテーターとして小倉智昭さんが出て来ます。
 北京オリンピックのファイナルのときもゲスト解説で呼んでくれれば良かったのに。。。

 古田敦也&小倉智昭というお喋りコンビですからいろいろトークも弾みます。
 そんな中,次の話題は中山選手の身体能力のお話に移っていきます。

 まず科学的に分析されましたのは,中山選手の眼の動き。
 クレー放出時の眼の動きと実際の射撃動作の開始のタイミングを計ったところ,放出されたクレーを視認するより前に射撃動作に入っていることがわかりました。
 この初動の早さが0.6秒(35m)の射撃に繋がってくる訳ですな!

 ならば中山選手の動体視力が凄いのだろうと測定してみると・・・
 特別凄い訳ではないようで。。。
 でも代わりに凄かったものが・・・

 「瞬間視力」

 瞬間的に物事を認識する能力がずば抜けている事がわかったのです。

 クレーが放出された瞬間に的確にその情報を判断し,放出されたクレーの方向に応じた射撃動作に移り,そして引き金を落とす!
 ここがミソであった訳です。

 もちろん瞬間視力により瞬時に的確な判断が出来ても,射撃動作が正確でなければ意味がありません。
 そこでチームアインシュタインさん達は,多方向からのハイスピードカメラ映像で中山選手の射撃動作を分析したのです。

 その中でも特筆すべきは頭上からの視点で動きを捉えた映像!
 射撃動作の回転軸のブレを確認するには最も適したものとなると思われます。
 以前,自分で射撃フォームを自分なりに考察した際にこの軸のお話をしたかと思います。


 この時に実射映像として欲しかった情報がまさにこの視点での射撃フォーム確認となります。

 さてさて実射映像は・・・
 中山選手。。。
 まったく頭(軸)がブレることなく右にとんだクレーを落とします。

 違う角度からの映像では,肩の動きに着目!
 ここも銃を振りながらも最小限の動きで抑えている事がわかります。

 「無駄のない正確な射撃動作」

 これもまた0.6秒の射撃を支える大きな要素な訳です。

 自分に当てはめてみると・・・
 きっと間違いなく上体はクレーを追って突っ込み気味となり,軸などどこに存在するのかと言わんばかりのバタバタした射撃動作・・・
 眼に浮かびますね。。。

 これではいかんのですよ。
 理想となる射撃を実感しやすい角度で,そしてハイテク映像で解説してくれるこの番組。
 素晴らしいっす!

 そして番組はさらに突っ込んだところまで追っかけてくれています。
 引き金を落とす瞬間。。。
 中山選手はどんな状態なのか・・・

 中山選手に心拍モニターを取り付け,発砲の瞬間の心拍状態を測ってみたのです。。。

 中山選手本人も驚くなかれ!
 なんと発砲の瞬間は全て心臓の鼓動の合間に行っているのです。。。

 鼓動の瞬間というのは一般的に身体が動きやすくブレやすい状況になっているそうで,それがない鼓動の合間に発砲する事は正確な射撃動作をする上では理想的な状況なのだそうです。

 呼吸とかではなんとなく意識してこれをコントロールして発砲動作に移っていますが,心臓の鼓動まではコントロール出来ません。
 中山選手も意識してこれが出来ている訳ではなく,膨大な練習の中で自然に培われた能力なんだと思いますね。

 そう,「0.6秒で撃ち落とす技」の最後のポイントは・・・

 「心臓を止めて撃て!」

 ってことですね!←ムリ
 
 しかし今回素晴らしい映像,データの数々を揃えてくれたNHKさんや,協力してくれた猟用資材工業会の方々,日クレさんもそーかな?射場さんや大学・研究機関の皆さん,そして中山由起枝選手に感謝ですね!
 この番組を「へぇー!」ボタン連発で観ていたシューターさんはいっぱいいると思います。
 いろんな疑問点や,根拠のなかった事に答えを出してくれたところも多かったんじゃないかな?

 できれば・・・
 この番組を観て,射撃を始めよう!って思ってくれる人が増えてくれると良いんですけどね。

 NHKさん。
 いや民放各社さんも含めて・・・
 何でも良いので世の皆様にスポーツとしてのクレー射撃の面白さを伝えてくれる番組をまた作って下さいね!


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

やりたい事。できない事。 [おとうの独り言/射撃系]

 今更のようですが,こちらは純射撃系ブログであることをご存知でしょうか・・・
 書いてる本人も忘れかけていたのですが・・・

 さて,怪我する前に書きかけてた記事なんですけどね。。。
 
 9月くらいからですかね・・・
 もっとも撃ってるのが月イチペースですから,さほど回数的には多い訳ではないのですが・・・

 当たらんのですよ。。。
 射撃が・・・
 壊滅的に当たらんのですよ。

 ま,もともと当たってるシューターさんではないので,今更何を・・・とおっしゃる方も多いでしょう。
 戯れ言とお笑い下さいまし。

 とりあえず自分的にそこそこ上手に撃てているな。。。
 って思えるときは,大体こんな感じで撃てています。

1.jpg
     【よろしいスイングが出来ている場合】

 簡単に言うと,左右に振ろうがどこで撃とうが最初に構えた銃身上の直線関係/位置関係は,射撃後(フォロースルー)までキープされてるわけですよ。(パーフェクトではないけどね)

 スイングでぶれたり,肩付けが甘かったりするともちろんこの位置関係はずれちゃったりするわけですね。

2.jpg
    【銃身の動きと顔/身体の動きがマッチしないと・・・】

 ある意味調子の良し悪しはフォロースルー後の景色でわかるというか・・・
 左右方向のバラつきは筒先がまっすぐかどうかで大体わかるのですが,悪いときにはさらに上下方向も・・・

3.jpg
    【筒先だけが上下方向にぶれる】

 これは圧倒的に上に振り上げるときに筒先だけ上がっちゃうケースが多いですよね。
 下に筒先下げちゃうことはないかな。。。

 あ,図間違えてますね。。。(←メンドクサイから訂正しない)

 ぶっちゃけひどい時だと左右にも上下にもぶれるわけですよ。

 大抵は肩付け・頬付けが不十分なときに起こりがちなんですけどね。
 なんかちょっとしたきっかけでうまくいかなくなると,理屈ではわかっていてもなかなか身体の修正が効かなかったりします。

 なんでしょね。。。
 全てのバランスがちぐはぐと言うか・・・
 自分の身体が自分のものではないような・・・
 ついでに悪い事に古傷の右肩,右腕がこの数ヶ月ず〜っと鈍痛残りっぱなしなのよね。。。
 できない事が古傷のせい!って言っちゃえば楽なんだけど,そんなせいにするのはちょっと悔しい。
 だっておとうよりお年寄りだったり,もっとあっちこっち痛そうな方々の中にだって大活躍してる射手さんいっぱいいるんですもん!

 きっともっと良い撃ち方ができるはず。
 上手に撃てるやり方もあるはず。
 試行錯誤は一生できるはず。
 当たらない時は焦っちゃうけど,ちょっとずつ,ちょっとずつでもまた当たる様にしていきたいっす。。。

 ま,でも年内は100%むりっすから,年明けてからですね。
 さすがに軸足の親指つぶれてると何も出来ませんな。。。

 まずはイメトレで女子高生・・・・・ジャナカッタ,良いときの射撃を繰り返し妄想してみますよ。
 できることからコツコツとね。。。

 なんか,来年も上昇気流には乗れない気がするなぁ~・・・

nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - おとうの独り言/射撃系 ブログトップ