So-net無料ブログ作成
おとうの独り言/グルメ系 ブログトップ
前の5件 | -

~鳥すきやき~ ぼたん #ぼたん #神田 #鳥すき [おとうの独り言/グルメ系]

 ちょいと秋葉原界隈に用がございまして・・・

 その時にどこかでごはんでも食べて行こうかと・・・

 子1号がこの辺りで目を付けていたところに行きたいというのでそちらに・・・

DSC_0170.JPG
   【げっ!ちゃんとしたとこじゃん!】

 愚息のチョイスしたところなので安っぽいお店なのかと思っておりましたが,行ってみたら大間違い!

 神田淡路町の老舗の名店でございました!

DSC_0268.JPG
   【鳥すきやき ぼたん】

 鳥すきやき ぼたん

 風情ある古き神田の街並み残す一角にありますこのお店。。。

 都選定歴史的建造物の指定を受けているそうで。。。

DSC_0264.JPG
   【行燈,格子,窓,壁のいずれもが趣が・・・】

 予約なしで入れないのだろうと玄関先を覗いたら,ガラッと扉があいて「いらっしゃいませ」と。。。

 行き当たりばったりでも入れました。

 ちゃんと係りの方が常に玄関にいらして出迎えてくれるんですね。

 さすがの老舗です。

DSC_1215.JPG
   【2階の広間に・・・】

 たぶん予約の方は,多数ある感じの個室への案内。

 おとうのような飛び込み客さんは大広間なんでしょう。

 うんうん,とにかく風情がございます。

 で,具体的に何を食べさせてくれるのかもわからずに入店したほどのとーしろーなのですが。。。

DSC_1216.JPG
   【献立表】

 一応,献立表はこんな感じですが,システム的には入店すると「鳥すきやき(御飯・果物付)」は自動的に人数分出てくる感じみたいですね!

 ま,これしかやってないお店なので当たり前ですが・・・

 もちろん飲物等は別途注文となります!

DSC_1217.JPG
   【出てきたのは炭コンロと鉄鍋!】

DSC_1218.JPG
   【鋳造鉄の黒がとても魅力的!】

 取っ手には牡丹の文字が入っております。

 鉄鍋大好きっす!

 伊達にダッチオーブン3基を使いまわしておりません!

 うふふっ!楽しみ楽しみ!

 そー言えば,幼いころに自宅で食べて居たすき焼きも鉄鍋使ってましたっけ?

 すき焼きは鉄鍋なんすよね!

DSC_1255.JPG
   【これは鍋下ろしたときに撮ったんだけど備長炭!】

 座敷の小棹横にセットされるジャストサイズの炭火囲炉裏?

 備長炭ですので強い火力が長く長く持ちます!

 90分以上使った後で写真の状態ね!

 囲炉裏台は銅板で覆われてますけど,もちろん超熱々なので触れば焼けど必須です!

 最初にコンロ持って来た時に「気を付けてくださいね!」ってしっかり注意されます。

DSC_1219.JPG
    【最初に出てきたのはこんなセット・・・(2人前かな?)】

 んと,4人で行って同じお皿が後でもう2皿出てくるので,これで2人前かな?

 パッと見はねぎと鶏肉しか見えませんが,肉の下に豆腐とかしらたきとか隠れてます!

 そしてなにより鶏肉がね!

 いろんな部位をバランスよく盛り込んであるようです。

 見た目で部位を言えるほど詳しくないので書きませんが,鶏もつ系の肉も含めて色々!

DSC_1221.JPG
    【最初は女中さんが手早く鍋を作ってくれます!】

DSC_1222.JPG
    【だんだん火が入ってきましたよ!】

 お肉の色が変わったら食べごろです!

 炭の火力が尋常でないので,結構出来上がるの早いっすよ!

DSC_1223.JPG
  【さっき鍋作ってもらった分(2皿)と別にこれで4人前!】

 結構量がありますよね!

 さっき鍋にした分と同じお皿が2皿(2鍋でね!),あとつくねみたいなお皿は「鶏のたたき」っす!

DSC_1229.JPG
   【まもなくいただきまぁ~~っす!】

DSC_1230.JPG
    【完成!!!!!!!】

 では,喰らう!!!

DSC_1233.JPG
    【もも肉?胸肉?薄切りのおっきいところから・・・】

 うっめぇぇぇ~~~!!!

 鳥のすき焼きは,名古屋のみそすきで食べたけど,醤油ベースの甘い割りしたで食べるのは初っす!

 割りした最高!
 鳥肉最高!

DSC_1232.JPG
     【いろんな鶏の部位を食べれるのがまたよろし!】

 こんな風にひと鍋でいろんなお肉を食べれるのは鳥すきやきの醍醐味かもしれません。。。

 素晴らしい。。。

DSC_1239.JPG
   【続いて,鶏のたたきを。。。】

 火力がしっかりしてるのでガンガン割りしたが煮詰まっちゃいますね。。。

 ちゃんと注ぎたす割りしたと濃くなった時に薄める薄めた割りしたも持ってきてもらってますけどね!

 あ,注がなくっちゃ!

 そしてこのたたきが最高!!

 割りしたの絡みが一番良いからでしょうね。。。

 これだけどんぶりレベルで食べたい位ですう!

DSC_1242.JPG
   【どれもうひと皿を頂きましょう!】

 美味いよぉ~!美味いよぉ~!

 日本人に生まれて良かったぁ~!

 そんな風に思える鍋でございます。

DSC_1243.JPG
   【結局たたきはお代わりしちゃった!】

DSC_1244.JPG
    【女中さんが手際よく団子状に分けてくれます】

 で,お代わりついでに。。。

DSC_1246.JPG
    【卵焼きも追加してみた。。。】

 美味しい鳥肉のお店の卵焼き!

 期待満々で頼みました!

 しっかりと甘みの効いた卵焼き!

 江戸の風情ですなぁ~!!←テキトーナコトヲイッテマス

 さらに・・・

DSC_1248.JPG
   【やき鳥(塩)】

DSC_1250.JPG
    【もつ焼(塩)】

 鍋が醤油系なのであえて塩で注文!

 どっちも美味い!

 そしてビールに絶対に合う!

 あ,言い忘れましたけどこちらはビール大瓶っス!

 瓶ビールがまた良く合う!←飲めない

DSC_1247.JPG
   【しっかり割りした足して,お代わり鳥たたきを頂きます!】

 幸せだよ,とっても幸せだよ!

 で。。。

 もうすぐ食べ終わりという中ではたと気が付きました。。。

 あ,これだけ鳥の味が染み出たこの鍋の残り汁がもったいない。。。

 これどうにかして喰えんだろうか。。。

 ってか,そー言えばまだご飯食ってなかった。。。

 と思っておりましたら・・・

DSC_1253.JPG
   【〆のごはんセットを用意してくれました。。。】

 んとね。

 ごはんの量とか,卵の数とかはリクエストできるみたいっす。

 ってことで,ごはんは少なめ,卵は一人1個づつで頼みましたところ。。。

DSC_1254.JPG
   【鍋の残り汁に卵を投入(これで2個分!)】

 これもまた女中さんが手際よくチャチャチャっと作ってくれるんですけどね!

 お好みの固まり具合まで火を通します!

DSC_1257.JPG
   【良い加減になったら,炭コンロから鍋を下ろします】

 そして・・・

DSC_1262.JPG
   【好きなだけ盛ったごはんに好きなだけのっけて玉丼に!】

 ぶらぼぉ~~~!!!
 これが一番最高ぉ~!!

 この玉丼のためにとりすきがあったのではないかと思えるほど!

 鉄鍋って,じわっと鉄分が鍋に入っている(気がする)んですよね!

 この玉丼にはそれがしっかりと入っている!

 もちろん今日食べた分の鶏肉のエキスも全て濃縮!

DSC_1263.JPG
   【もう鍋までかじりたいほど食べ切りました!】

 大満足な鍋でございましたよ。。。

 正直,決して安いものではございませんが,本物の老舗のこだわりの逸品を味わえるのなら納得できるものでございます。

 お客様を招いてのとっておきのお店として覚えておきたいお店ですね!

nice!(4)  コメント(2) 

『究極のTKG』を試してみよう! #究極のTKG #タカラトミー #卵明舎 #磨宝卵 [おとうの独り言/グルメ系]

 タカラトミーさんが先日発売したシロモノ。。。

 ようやくこの手に届きました。


 『究極のTKG』

 なぜこんなクッキング用品をタカラトミーが?

 根本的な疑問もございますが。。。

 おとうの子供の時代だったらママレンジとかのシリーズありましたけどね。

DSC_1070.JPG
    【これだ!】

 チキンラーメンとの相性もバッチリらしいので,今度はそれも試してみたいっすね!

DSC05899.JPG
     【パーツをばらしてみた!】

DSC05907.JPG
    【ふた・・・殻を押し破る押し子が付いています】

DSC05922.JPGDSC05925.JPG
DSC05928.JPGDSC05930.JPG
    【一番大きいユニットは殻割りギミック!】

 押し子で爪に押し付けられた卵にひびが入ります。

 このひびからパックリと殻を二つに割ってくれます。

DSC05909.JPG
      【黄身を受けて白身を下に落とす受け皿】

DSC05912.JPG
     【白身を泡立てる撹拌子】

DSC05914.JPG
     【白身の受け皿兼,白身攪拌チャンバー!】

DSC05916.JPG
   〔本体?単2電池2本で動くモーターユニット!】

 ここは完全非防水仕様!

 洗ったら壊れますので注意が必要ですね。。。


 では,実食?いってみましょうか!

DSC05937.JPG
    【用意するのはこんな感じ。。。】

 あ,一応『究極のTKG』に合わせ,卵もそれなりのものにしようと思いまして・・・

 地元宇都宮のブランド卵を仕入れてまいりました!

DSC_1102.JPG
DSC_1103.JPG
        【卵明舎の磨宝卵ゴールド!】

 卵明舎さんについてはまた後ほどご紹介しますね!


 では組み立ててみましょう!

DSC05918.JPG
  【本体に白身受け皿をセットし,撹拌子をモーターシャフトにはめ込みます!】

DSC05919.JPG
     【黄身の受け皿をセットします!】

 なんかめんどくさくなってきたので,ここからはムービーで一気に!


 

 どうです・・・

 なかなかな出来栄えですよね!

 まず,『卵は自分で割ればいいじゃん!』ってとこから始まりますけどね。。。

 えぇ,その通りだと思います。

 まあ,黄身の受け皿だけあれば用が足りますし,何だったら割った殻で白身を取り分ける方がすばやくできますけどね。。。

 でもね・・・

 これはオモチャなんです!←最重要ポイント

 遊んでなんぼのものなんです!

 手間かかってよいじゃないですか!←手間かかった

 失敗したって良いじゃないですか!←失敗した

 ま,とりあえず言い訳はこれくらいにして・・・

 感想としては『実に面白い!』となります。

TKG2.jpg
        【絶賛拡販中!】

TKG11.jpg
    【実質4分弱位ホイップしたかな。。。】

 ま,ここも,『自分で泡立て器使えばいいじゃん!』ってとこから始まりますけどね。。。

 えぇ,その通りだと思います。

 まあ,黄身の受け皿だけあれば用が足りますし,何だったら割った殻で白身を取り分ける方がすばやくできますけどね。。。

 でもね・・・

 これはオモチャなんです!←最重要ポイント

 遊んでなんぼのものなんです!

 手間かかってよいじゃないですか!←手間かかった

 失敗したって良いじゃないですか!←失敗した

 ま,とりあえず言い訳はこれくらいにして・・・

 感想としては『実に面白い!』となります。←リピート

TKG12.jpg
   【ちょっと泡たて過ぎましたね・・・チキンラーメンのせならこれくらい!】

TKG13.jpg
    【目玉焼き載ってる感じですよね!】

 さて,ムービーで最初につくったのはこのバージョン!

 黄 身
   
 白身ムース
   
 ごはん

 の順にきれいにのせたものなっております。

 食べるときは,このまま黄身を崩しながら・・・

 ビジュアル的にはこちらがグッドなのですが,おとうのお薦めはこれではありません!

 ムービーの最後に付け加えてありますけどね。。。

 まずは

 白身ムース
   
 ごはん

TKG24.jpg
     【そして白身ムースをごはんに軽く絡める!】

 まずは柔らかく空気を含んだ白身ムースをごはんに軽くからめます!

 そして・・・

  醤 油
   
 黄 身
   
 白身ムースごはん

TKG22.jpg
   【白身ムースごはんに黄身を優しくのせて,ちょっとだけ醤油垂らします!】

TKG23.jpg
   【黄身を割って黄色い衣をさらにまとわせたら・・・】

 いっただっきまぁ~~~っす!

 ってなります。

 ごはんに絡まってる白身ムース層が黄身の味をしっかりと際立たせてくれるんですよね!

 これが最高です!


 さて,この『究極のTKG』。。。

 最終評価としてはですね。。。

 ぶっちゃけ別にこれ無くても良いものであるのは間違いありません。←超ぶっちゃけ

 ま,この忙しない現代社会の中では,効率化とか,迅速化とか,無駄のないものが選ばれていくわけですが・・・

 遊びの真骨頂としては,なによりも楽しめる一瞬を味わうことが最優先課題であるわけで。。。

 そんな意味の中では,この究極のTKGは,あっても良いもの!(←無くても良いけど)となるのではないかと。。。

 人間性を無視した過剰労働を強いられている貴方!

 無邪気に白身をかき混ぜ続けるこのマシンを愛でてみませんか?

 白く泡立てて行かれる白身と共に,あなたの心も白い泡に包み込んでいってくれるかもしれません。。。

 えぇ,まったく保証はしませんけど。。。




  ***** お ま け *****

 今回の記事のある意味もう一つの主役である卵さん!

 今回はコチラから購入してきました!

DSC_1101.JPG
    【なかなかお洒落なところです!】

DSC_1087.JPG
    【卵明舎さん】

 卵明舎

 よく行くケーキ屋さんでも売ってる卵なんですけどね。。。

 せっかくなんで卵直販で買いに行きました!

DSC_1088.JPG
    【店内には贈答用を含めていろんなパッケージの卵が!】

DSC_1089.JPG
    【約8個で300円。重さでパックしてるみたいですね】

DSC_1090.JPG
      【27個は要らないかな。。。】

 ケーキなど,もりもりつくる方は,もっともっと大きい単位での販売もしているようです。

DSC_1102.JPG
   【で,買ったのは10個以上入ってるパック500円】

DSC_1103.JPG
     【14個入ってたね。。。】

 卵自体の説明は卵明舎さんのホームページを観てちょ!

DSC_1099.JPG
    【お店の前には親鳥が・・・チガウ】

 他にも野菜とかいろいろ売ってます。

 ファーマーマーケットってことですかね?

DSC_1091.JPG
    【なんか美味しそうだ。。。】

 焼き上がるのに10分かかるのね。。。

IMG_c72qjo.jpg
     【で,覗き込んでたら,今ちょうど焼き上がりましたよ!ってことで・・・】

IMG_-qervgh.jpg
    【ひよこ焼き!可愛い♡】

IMG_-2bx8r0.jpg
   【胡桃とリンゴとカスタードが入ってる!】

 すげぇー美味いっす!

 卵明舎さん,このショップの横に何やらミニ動物園みたいのがありましてね。。。

 リクガメさんやヤギさん,ウサギさんなど,ちょこっとだけ楽しめるようにもなっております。

 少しわかりにくいところにあるお店ではありますが,近場の方は一度行ってみても面白いかも。。。


nice!(3)  コメント(0) 

試してみました!雪見だいふくトースト! #雪見だいふく [おとうの独り言/グルメ系]

 先日・・・

 と言ってもかなり前ですが,テレビでやっていた

 『雪見だいふくトースト』

 なるものがとても美味しそうだったので,自分でも作ってみました!

DSC_0906.JPG
    【材料はコンビニで売ってるこんなもんだ】

DSC_0907.JPG
    【食パンにスライスチーズのせるだ】

DSC_0909.JPG
    【そこに冷え冷えの雪見だいふくをひとつ。。。】

DSC_0910.JPG
    【トースターに放り込む!】

DSC_0912.JPG
    【投入直後は特に変化なし・・・】

DSC_0914.JPG
     【あ,なんかちょっとトロっとしてきた。。。】

 しばらくすると表面がトロッと融け落ちてきた感じに。。。

DSC_0919.JPG
  【融けたチーズにさらに雪見だいふく表層(もち?)が融け混ざっていく】

DSC_0921.JPG
     【ちょっとまだ芯が残ってる位であげてみた】

DSC_0925.JPG
    【中にはしっかりアイス感が残ったまま!】

 とりあえず初チャレンジとしてこれくらいの焼き上がりで食べてみた!

 まずね。。。

 融け落ちたもちとチーズの相性が抜群!

 結構クリーミーな感じになって,チーズ単体とももち?単体とも違うんだけど一体感あるほど良い塩気のある甘いクリームソースみたいな感じになってるのよ!

 今回はアイスをしっかり残すくらいであげたので,中のアイスはひんやりバニラ!

 でもこれが合うんだなぁ~トーストに!

 どっかの国はパンにアイスくるんで街頭販売してるんだったよね!

 もともとパンとアイスってマッチングいいって事だよね!

 ってことで。。。

 第2弾!

DSC_0930.JPG
     【さっきより良く焼いてみた】

DSC_0933.JPG
   【もち層がほぼ融け落ちてアイスがハゲ頭みたいに出かかってる加減】

DSC_0936.JPG
    【チョコペーストみたいのが冷蔵庫にあったのでのっけてみた】

DSC_0943.JPG
      【こりゃまた激ウマっす!】

 チョコ最高!

 バニラ最高!

 雪見だいふくトースト最高!

 で。。。

 さらに違う形も楽しめるんじゃないかと。。。

 第3弾!

DSC_0869.JPG
    【最初にパンに雪見だいふくをのせてみた】

DSC_0872.JPG
    【上からチーズをのっけてみたらどうなるのだろう・・・】

DSC_0875.JPG
    【パンにチーズハンバーグがのってるような見た目だ・・・】

DSC_0877.JPG
    【蕪?カブのせトースト?】

DSC_0879.JPG
     【えっと。。。とりあえず可愛い!】

 おできのような,くらげのような。。。

DSC_0883.JPG
     【をぉ!これだとアイスっ気がより際立ちますな!】

 かわりと言っては何ですが,チーズととろけたもちのコラボレーションはちょっと無理ですね。。。

 やはり,パン⇒チーズ⇒雪見だいふく の順が良さそうで。。。

 いろいろ工夫の仕方でもっといろんなバリエーションが楽しめそうです。

 何より雪見だいふく自体がもっと種類ありますもんね。。。


 あ,今更ですけど。。。

 おとう雪見だいふく食べたの初めてだったかもしれん。。。←オカシイ


nice!(3)  コメント(0) 

とりきち 月1ラーメンDay プラスα #とりきち #赤門通り #宇都宮 [おとうの独り言/グルメ系]

 宇都宮で焼き鳥と言ったら・・・

 ま,候補の中には多くの方が挙げるでありましょう赤門通りのとりきちさん!


 串メニューは以前紹介・・・あれ?してなかったかな?

 ま,いいや。
 今回はあえてとりきちさんのチャレンジメニューの方をご紹介!

 まずは!

 月1ラーメンDay

DSC_0235.JPG
    【とりきちさん】

 月1ラーメンDayって今年になってからスタートしたんでしたっけ?

 実は毎回行けてなくて,まだ今回で2回目っす!

 毎月マスターの努力と色んな方々のご協力でこだわりの一品。。。いや二品,三品が提供されております。

DSC_0220.JPG
    【これは7月の時だったかな?】

DSC_0224.JPG
   【天然真鯛のつけめん(塩)を頂きました!】

DSC_0225.JPG
   【美しい!鯛のゆかり焼きをメインにピンクは削りかまぼこっす!】

DSC_0233.JPG
   【しっかりとした麺は麺自体の味をしっかり楽しめます!】

 そしてそんな麺を楽しむ工夫として・・・

DSC_0223.JPGDSC_0221.JPG
   【なんと2種類の天然塩が用意され,別椀で個々に味わえるように!】

 凄いですね。。。

 ここまで美味しく食べる工夫をされているってことが。。。

 もちろん各塩をほんの少し振りとった椀で食す麺もこれまたいとおかし!

DSC_0230.JPG
    【鯛のゆかり焼きはスープに漬けて味変を!】

 って言うか,鯛が美味過ぎっす!

 これまた鯛がいっぱいだと主張が強過ぎちゃうんでしょうね。。。

 物足りないこれくらいが良い!

DSC_0227.JPG
    【チャーシュー丼も頼んじゃった。。。】

 う~む。。。

 やっぱりこーゆー時には全メニューを食べれるように身体を整えてこないといかんな。。。

 天然真鯛のつけめんには大満足だったのですが,自分の準備不足に悔いを残した7月のラーメンDayでございました。


 ってことで。。。

 リベンジを8月に果たそうと思ったら,8月はラーメンDayがなくてですね。。。

 9月は忙しくて行けなくてですね。。。

 やっとこさ。。。

DSC_0298.JPG
     【10月のラーメンDay】

 本日は全メニュー制覇のため,子2号と来店!

DSC_0302.JPG
    【まずはしょうゆラーメン!】

 むっ!しょうゆ系は初めて食しますが,しっかりとしょうゆ!←何言ってるんだか

 かえしって言えば良いですかね。。。

 その味わいがしっかりと舌にインパクトを残してくれます!

 「あぁ,しょうゆラーメンが食べたい。。。」って思ったときに一番欲しい主張がここに居ます。

 そしてそのスープをしっかり絡める縮れ中太麺かな?

 手打ちめんですよね?

 とりきちさんはいろんなお付き合いであちこちの良いお店のご協力を頂いているようですので,その一つかもしれません。

 最近こーゆー小麦が味わえる麺が大好きになってます。

 あとこのチャーシュー凄いっすね。。。

 ボリューム感はもちろんですけど,よく味が沁みわたっているチャーシューです。

 うなづきながら食べちゃいますね!

DSC_0299.JPG
   【続いてしおラーメン!】

 澄んでますよねぇ~~!!!

 富士の忍野八海のようです。←わからん例えだ

 でもね。。。

 浮いてる脂が物語る鶏出汁の濃さが最高っすね!

 それでいて鶏臭さはは全くないっす!

 しょうゆのチャーシューとは違うあっさりタイプのチャーシューと鶏団子!

 所謂メンマとは異なる若竹焼が青物系と合わさってさっぱり風味をアップさせてますけど,スープのうま味は圧倒的な存在感を観せていますよ!

 で,さらに今回が初登場らしいまぜそば!

DSC_0305.JPG
   【左から鶏そぼろ・チンゲン菜・味玉西京漬・チャーシュー・玉ねぎ】

 たぶんチャーシューはしょうゆラーメンに入ってた味が濃い方のやつだと思います。

DSC_0306.JPG
    【混ぜて食うべし!!】

 あんまりまぜそばって食さない人なんですけど・・・

 食べた瞬間にアレッ?ってなりました。

 なんかまぜそばってやたら味が濃いイメージがあったんですけど。。。

 全然濃くない。。。

 むしろさっぱりと感じられるのは,チンゲン菜や玉ねぎのおかげ?

 それもあるのでしょうけど,やっぱりタレの加減なんでしょうね。。。

 まぜそばらしい麺はボリューミーで個性を主張する食感!

 他の2つのラーメンと比べれば圧倒的に麺重量は重めだと思います。

 でもするっと軽く感じちゃう不思議なまぜそばですね。

 全体をなじませるたぶん鶏油ベースのタレのおかげかな?



 で。。。

 今月の月1ラーメンDayのお品書きにはもう一つ見慣れないメニューが。。。

IMG_p18s4s.jpg
  【名古屋コーチン卵の濃厚ミニプリン】

 名古屋コーチン卵を使ったプリンを曜日限定で発売し,完売!って情報をみておりました。

 それのミニ版をラーメンDayに少し作ってくれたのかと思い,飛びついて頼んでみました!

IMG_-jcmfkh.jpg
    【掛け値なしに美味いっす!】

 いや,ラーメン食べに来た舌準備の状態からは,もう驚愕の味わいです!

 濃い!滑らか!そんな表現はこのプリンのためにあるのではないかと!

 今度のプリン発売日には事前予約してまとめ買いしに行っても良いかな?って考えるほどです。

 大満足!


 さらに延長戦として・・・

DSC_0992.JPG
   【お持ち帰りの鶏飯のもとを買って帰りました!】

 これもいつか買って帰ろうと思ってたんですけど,なかなかタイミングがね。。。

DSC_0995.JPG
         【冷凍品です!】

 一袋がごはん1合分!

 家族みんなで食べれるように3合(3袋)買って帰りました。

1508057156652.jpg
     【湯煎して解凍します】

1508057169885.jpg
    【お米を普通にといで,よく水を切ります!】

1508057180710.jpg
     【といで水切りしたお米と鶏飯のもとを汁ごと全部入れてあとは炊くだけ!】

1508065610334.jpg
    【出来た!3分間クッキングではない!】

1508065601132.jpg
   【おこげ大好きなので,おこげモードで炊き上げた!】

 今にして思えば,土鍋で炊き込めばよかったと。。。

1508065594645.jpg
    【とりあえずよくご飯をきります!】

1508065589057.jpg
    【いっただっきまぁ~~す!!】

1508065547525.jpg
     【おかわり!!!】

 ガツガツ食ってから言うのもなんですけどね。。。

 鶏肉,ごぼう,蓮根,人参。。。

 どれもが炊き込みご飯として食べやすいサイズに揃えられててですね。。。

 ○○屋さんとかの釜めしの素とかほど味が濃くないっす。

 その分ね。

 鶏とか出汁とかそれこそごはんそのものとか。。。

 各々の味がしっかりと味わえ。

 そして蓮根,ごぼうの食感も楽しめる!

 あ,言い忘れてましたけどね。。。

 おとう,炊き込みご飯系は尋常じゃ無いレベルで大好きっす!

 このとりきちさんの鶏飯のもと,大人買いしておこうかな。。。←それほどです



nice!(3)  コメント(0) 

和食 登夢 ~隠し味は下駄の音~ #登夢 #和食 #宇都宮 [おとうの独り言/グルメ系]

 基本的にはお肉系のおとうでございますが。。。

 50を越えたせいかもしれませんが,お魚系の食事を身体が求めるようになりつつあるようで。。。

 とは言え,海なし県の栃木。

 獲れたてほやほやの新鮮魚介!ってのを売りにするのは元々無理なわけで。。。

 良い仕入れと確かな仕事で料理を提供していただけるお店があれば良いわけですね。

 とりわけおとうが好みなのは,実は生系ではなく焼き魚!

 皮はパリッと・・・そして程よく焦げ目が付いた香ばしさが食欲をそそります。

 塩加減よく焼き上げられた魚の正身がホクホクっと・・・

 そんなのが大好きなんです。

 このおとう好みのお魚料理を提供してくれるお店を最近知ることができましたのでご紹介しましょう!

DSC_0834.JPG
    【和食 登夢 さん】

 和食 登夢

DSC_0835.JPG
    【古民家をそのままお店に改装してあるんですかね?】

 鹿沼インターからすぐ・・・

 おとうの会社からもすぐの立地でした。

 お店ができて2年くらいのようですが,全く知りませんでした。←勉強不足

 駐車場はかなり広いですので,停めどころを心配する必要はなさそうです。

DSC_0836.JPG
     【清潔感のある引戸と生成りの暖簾が出迎えてくれます!】

DSC_0840.JPG
   【数々の食器がカウンターに・・・】

 一枚板のカウンターは調理場を一望できる特等席!

 個性あふれる食器たちが彩られる料理を待ち構えております!

 何度か昼も夜も食事に行かせて頂きましたけどね。。。

 ここで調理場を眺めているのが楽しくて仕方ありません。

 厨房の床の高さとか,このカウンターの高さの具合が良いんでしょうね。

 大将や若女将,若い衆の動きが劇場の舞台のようにも感じられます。

 板場に丁寧に下ごしらえをした魚を出し,小気味よい包丁さばきで仕上げていく・・・

 串を打ち,塩を振る様子はそれだけで満足感に浸れます。

 目の前の仕事が観れなくてもね。。。

 厳しい口調で指示を出しながら,焼き場,揚げ場,板場をカランコロンと動き回る大将の下駄の音が,どれだけ仕事に気を使っているのかを感じさせてくれます。

 心地よし。。。

DSC_0840_2.jpg
    【無造作に積まれた野菜も良いですな!】

 席はカウンター以外に座敷があり,さらにはふすまで区切られた個室がいくつか。。。

 たぶん開ければ大きく使えるんでしょうから,それなりの人数でもいけるのではないかな?

 ではでは実食といきましょう!


 ~ 昼の部 ~

DSC_0838.JPG
   【こんなお品書きがたぶん毎日更新!】


 新秋刀魚焼ランチ

DSC_0847.JPG
    【メイン以外にこれだけ出てくる!!】

DSC_0849.JPG
        【鰹の焼霜造り】

 これがメインでないのが凄い!

 ってかこれだけで十分いけます!

 たっぷり野菜と一緒にポン酢でバクバクっと!!

 くぅ~!たまらん!

DSC_0851.JPG
  【煮物も丁寧ですよ。。。食感を残しながらもしっかりと出汁を吸わせた逸品!】

DSC_0852 (1).JPG
   【茶碗蒸しは大好物なので最後にとっておいて・・・】

DSC_0841.JPG
    【ぐへへへっ!秋刀魚じゃ!秋刀魚じゃ!!】

 串うちで整えられた姿勢のまま(笑)焼き上がってきます!

 この焦げ具合とかたまらん!

DSC_0846.JPG
   【丸のままのお魚はスルッと骨抜けますかね!】

DSC_0850.JPG
       【しっかり頂きました!】

 もうね。。。

 一気っすね!

 塩ふり加減最高で,旨味をグッと引きだして焼いてますから醤油とか要らんですよ!

 泣けるほど美味い!

DSC_0853.JPG
    【もちろん完食!】

 もちろんごはんのお代わりOKです!

 そしてね。。。

DSC_0854.JPG
   【食後は珈琲とデザートが。。。】

 若女将がパティシエさんということで,デザートにも力が!

 和食の後口を濁さないサラッと食べれるデザートを出してくれます。

 苦みの効いた珈琲で食事を締めることができまする。

 うむ!満足じゃ!

 ってことで,ランチに何日か通いまして。。。

DSC_0884.JPG
    【また違う日のランチお品書き!】


 登夢日替わりランチ(フライ盛合せ)

DSC_0886.JPG
   【本日のセット(メイン意外)】

DSC_0887.JPG
    【お刺身がどれもうまうま!セットに出てくるのもったいないくらい!】

DSC_0885.JPG
    【フライ盛合せ!まあデカいデカい!!】

DSC_0891.JPG
    【食べごたえのある海老フライ!】

 なんだろね。。。

 ちょっとした骨付き鶏もも肉かと思っちゃうくらいのサイズ。。。

 どれ,どれくらいの食べ応えが・・・

DSC_0893.JPG
    【バクッ!ブリッ!!】

 まあ見事な断面ですこと!

 そして歯切れ食感の分厚いこと!

 食べごたえ十二分です!

 おとうは海老フライは尻尾まで食べる派の人なので,食べ終わるとそこに海老フライが居た痕跡は消失いたします。。。

 海老尻尾もパリッと最高!

 続いて・・・

DSC_0895.JPG
    【キスのフライ!】

 ん。。。

 キスってこんな肉付き良かったでしたっけ?

DSC_0897.JPG
   【ん。キスってこんなに肉厚でしたっけ?】

 これまで食べてたキスって厚みがこの半分くらいしかなかったような。。。

 白身魚の厚い切り身をフライにしたかのようですが,まぎれもなく1尾のキスであったはず。。。

 身の厚さの分だけホックリと白身の美味さを味わえます!

 おとうは揚げ物は尻尾まで食べる派の人なので,食べ終わるとそこに海老フライが居た痕跡は消失いたします。。。←さっき聞いた

 最後は・・・

DSC_0901.JPG
     【パンドン!?ウルトラセブンの最後の敵のパンドン!?】

 ではなくて大粒生カキフライ!!

 たぶんおとう史上最も大きなカキフライです!←元々大して良いもの喰ったことない

 殻ごと揚げてあるかと思うほどの大きさ!

 身を剥いてるところ観てるとどんだけデカいものなのか驚愕ものですよ!

DSC_0902.JPG
    【かぶりつき甲斐のあること!】

 いやいやこれはまた脱帽ものです!

 美味しいもの食べてると幸せになるって実感できます。


 秋鯖開きと刺身ランチ

DSC_0971.JPG
    【ランチの全体像はこんなサイズになる!!】

 どんだけボリューミーなランチセットかわかりますよね!

 あ,あとこれにデザートと珈琲付くんでした!

DSC_0970.JPG
   【秋鯖開きは観るだけでヨダレガ出ます・・・】

 元々の開きが上ものであることはもちろんのこと,しっかりと焼き上げられた開きは残すところなく食べられます!

DSC_0974.JPG
   【頭も尻尾も骨も全部食っちゃう!(半身食べたところ)】

 モノがイマイチだったり,焼きが中途なものだと頭なんかは芯に生臭さが残ってるときあったりしますけど,登夢さんの焼はパーフェクト!

 皿に何も残さずに食べちゃいます!(普通は骨くらい残しますよね)

 皿は食べれません。←食べちゃダメ

 えっと,他にもランチで頂いた奴はメインだけご紹介。


 焼き魚(甘鯛)ランチ

DSC_0973.JPG
   【包丁の入った焼き目がクッとしまって観える鯛の白い身がセクシー!】

DSC_0975.JPG
   【さすがにこの骨は食えないけどしゃぶる!しゃぶる!】

DSC_0972.JPG
    【贅沢なお刺身がセットで。。。】


 鯖ソテーランチ

DSC_0928.JPG
   【こちらもフルセットでこんな感じに!】

DSC_0930.JPG
    【大将のご厚意で立派な鯖をソテーしていただきました】

 切り身でも丸さを感じるほどの立派な鯖(関鯖?)に丁寧な下ごしらえ。。。

 塩胡椒をした上で焼く前にまぶし粉をまとわせてフライパンで・・・

 仕上げには日本酒でフランベ!!ファイヤー!

 泣けるほど美味しかったっす。

 ソースとかタルタルとか頂いたんですけど,もう大将の仕事だけの味付けで十二分!

DSC_0932.JPG
   【毎回思いますけど,刺身これだけで定食いけますよね!?】


 のどぐろ焼と刺身ランチ←載せ忘れたので追加

DJ-xBtWUEAAHr7k.jpg
    【これまた立派なセットです!】

DJ-xFqxU8AE9Aze.jpg
    【ウニなんかも入ってます】

DJ-xDjVUMAE_GpB.jpg
   【のどぐろの開き!初めて食ったけどうめぇー!うめぇー!うめぇー!】

 もちろんしっかり焼いてあるので頭まで喰えますよ!

 普段の昼食は社食ですから,まあそれ相応なレベルのものしか食べてないんですけどね。。。

 やたら一人での休日出勤とか多くてですね。。。

 そん時はある程度の金額内では好きにお昼とか食べ位に行けるので,これからも少なくとも月イチ以上のペースでは食べに行きますよ!

 旬なお魚を美味しく食べれるのは嬉しくてしかたありません!

 さて,ランチだけでなく夜の部もちょっとだけお邪魔してお料理頂いてきましたので,そっちもちょっと紹介しましょうかね?



 ~ 夜の部 ~

DSC_0856.JPG
  【夜のコースは5000円から・・・】

 って書いてあったんですけど,コースも頼んだことなければ予約すらしたことないんですが・・・

 とりあえず事前に空いてるかどうかだけ聞いて食べに行ってきました!


 夜のお食事

DSC_0853.JPG
   【昼のランチセットみたいに夜もお食事メニューがございます!】

 一品モノにごはんセット付けちゃえばそれでもうパーフェクトな夕飯!

 いつかよさげなものでちょっと試してみたいっす!

 それと平日限定・夜の食事セット!

 興味津々です。

 これもいつか食べたい!

 で,とりあえずチェックしたのは・・・

IMG_-b2y129.jpg
    【夜の海鮮丼セット!】

DSC_0950.JPG
   【うなぎのまぶし重セット!!】

DSC_0955.JPG
    【うなぎとか大葉とか多分たくあんも入ってる!】

 あ,セットだったけどメインしか撮ってなかった。。。

 で,当然ですけど夜ですからお酒を飲みながら頂く単品メニュー・アラカルトがいっぱい!

DSC_0841.JPG
        【本日夜の逸品お品書き】

 まずはその日のお薦めものがこちらのお品書きに!

 もちろん他にレギュラーお品書きありますけどね。

 それは皆さん来店した時のお楽しみにしておいてくださいな!

 では食べたもんだけご紹介!

DSC_0859.JPG
  【ちなみにおとうはお酒がドクターストップなのでもっぱらウーロン茶で・・・】

 書きませんけど,お酒の種類も色々揃えてますよ!

 全盛期のおとうだったら,料理に合ったお薦めの日本酒を一品ごとに一合づつ持ってきてもらってましたね!

DSC_0842.JPG
   【お通しだったかな?うにと湯葉豆腐みたいの・・・←覚えてない】

DSC_0848.JPG
       【活〆クエの薄造り!】

 あ,もしかしたらちゃんとしたクエ食べたの初めてだったかもしれん!

 いつも鰯とか鰺の開きとか文化鯖とかばっかだったから。。。←比較が貧相

DSC_0858.JPG
       【極上鰹の刺身】

 にんにくっす!にんにくと一口に頬張って口の中で分厚い鰹と一緒に鰹を堪能っす!

DSC_0947.JPG
      【的鯛の焼き物!】

 こーゆーお魚はヒレ元とか骨周りが最高っす!

 正身をガッツリと食べた後で細かいところを橋でついばむ時の集中力は仕事では見られないものですね!←仕事に集中しろよ

DSC_0865.JPG
   【秋鮭の親子焼いくらおろし】

 もう芸術ですよね。。。

 芸術の秋鮭ですね。。。

 また親の方の鮭の身の分厚いこと分厚いこと!

 親子は喧嘩せずに仲良しに美味しくなってくれます!

 鉄板の一品だと思います!

DSC_0867.JPG
   【丸茄子と旬魚の揚げ出し】

 海老も白身魚も美味いんすけどね。。。

 やっぱり丸茄子最高!

 滲みてるんですよ!そして茄子なんですよ!←何言ってんだか

 この椀にある全てのバランスが凄いんです!

 各食材の食感の違い,個々の味わい,それをまとめ上げてる出汁!

 この出汁餡に肩まで一緒に浸かりたい気分です!

DSC_0868.JPG
     【鯛のわたと刺身のしおから】

 酒だ!酒だ!酒もってくぉ~~い!!!←絶賛ドクターストップちう

 禁酒を破る理由にしても良いのではないかと・・・

 真剣にそれを考えさせるほどの逸品!

DSC_0870.JPG
       【胡瓜の漬け物】

 侮るなかれ・・・

 これも禁酒破れそうです。。。

 ま,多少命が終わる可能性もあるので,とりあえず踏みとどまりましたが,全メニュー制覇で来たらちょっと真剣に考えても良いかと思っております。←自殺?

 もちろんもっともっと色んなバリエーション豊かなメニューありますし,そうそうお肉系のメニューもございました。

 まだ頼んだことないんですけど。。。

 最後に〆のメニューだけご紹介。

DSC_0852.JPG
   【一般的には鯛茶漬けかいくらごはんかと思いますが・・・】

DSC_0878.JPG
    【我が家基準は焼きおにぎり!】

 焼きものが素晴らしいお店ですからね!

 当然焼きおにぎりもうまいとですよ!

 そしてどうにも気になってたもう一品を注文。。。

 登夢むすび?

DSC_0871.JPG
         【丸い・・・そしてデカい・・・】

 推定どんぶり大盛りごはんをそのまま丸めたサイズではないかと・・・

 ってかおむすびが皿に載ってナイフとフォークが付いてくることがおかしい!


DSC_0873.JPG
    【対すだちとの比較。。。】

 なんかもっとデカくもなるらしいっす。。。

DSC_0876.JPG
    【ナイフ入れてみた・・・】

 明らかにおにぎりとしてはおかしい造り。。。

 ってか,めしつぶ多過ぎ!

DSC_0882.JPG
   【こんぶに明太,いくらに梅干し!】

 具材も大変豪勢な取り合わせですが,この梅干しが凄い!

 なにが凄いって甘くて美味いのよ!

 いやぁ~。。。

 これ1個で4人分の〆になりそうな気がしますね。

 こちらの登夢むすびは時間と手間がかかるので,夜の営業のみの限定メニューらしいっす!

 夜の〆は是非ともこちらで!

 そうそう,ランチの時も書きましたが,こちらのお店は・・・

DSC_0854.JPG
    【奥さま担当のデザートがまたダブルフェイスの看板に!】

 ってことで,せっかくなのでお任せで4人でちょっと味見楽しめるデザートをお願いしましたら・・・

DSC_0959.JPG
    【花瓶サイズのデザートが・・・】

 普段職場で使ってる1000mLビーカーよりデカいっすね。。。

 4人前がひと盛りで出てきました。。。

 えぇ,もちろん女将のご厚意ですよね。。。

 でもまあ喰ってみると意外と軽い作りになってるのが不思議不思議!

 ペロッと食べれてしまいましたね!

DSC_0883.JPG
    【海を泳ぎたいんですよね・・・←チガウ】

 さて,おとうは料理写真そんなにうまくないので,ここに写っているものも実物の方がこの100倍くらい美味しいはずです!

 それとね。

 写真の画角って限られたサイズに収めちゃってますからね。

 大将がこだわって盛りつけてくれたお皿とか小鉢とか・・・

 全部写ってないんですよ。。。

 本当はそこまで全て目で楽しんでこそ美味しさが際立つものだと思うんですよね。。。

 皆さんが,これを確認するのはもうお店に行くしかない!ってことで。。。

 もし行く機会があったのなら,料理の味と見た目を楽しむだけじゃなくてですね・・・

 劇場型調理場で繰り広げられる大将の仕事っぷりを目で,耳で,全てで感じて下さいまし。

 登夢さんは,そこまで美味しく味わえるお店なんですよ。




nice!(3)  コメント(0) 
前の5件 | - おとうの独り言/グルメ系 ブログトップ