So-net無料ブログ作成
検索選択
韓国へ行こう! ブログトップ
前の5件 | -

「ぷろろ〜ぐ」 [韓国へ行こう!]

 かれこれ何年前でしょうか?
 家族4人で激安フロリダディズニーワールド観光に行った際,利用したデルタ航空のニューヨーク便就航記念とやらで,今マイル加入するとボーナスマイルがいっぱい付きます!という機内アナウンスに誘われ初めてマイルカードを家族4人で作りました。

 めったに飛行機にのらない家族なのですが,このときのツアーの往復だけで約4万マイルが貯まるようなので決心した次第です。
 でもあれから飛行機には全く乗らず,今年いっぱいで折角のマイルも消滅してしまう・・・ということで,マイルの期限つなぎのためにどこかに旅行に行こうと言うことになりました。
 流石にデルタのカードと言うことで国内線は使えません。
 提携他社のエアーもにらみ,大韓航空でソウルに行くのが確実にマイルが付いて一番安いという話になりました。

 チョイスしたツアーはJTB主催のファミリー向けパックツアー,決め手は特1級?位置づけされるCOEXインターコンチネンタルソウルホテルに泊まれて子供は朝食無料,それで価格は大人3万円台,子供は1.5万円という価格でございます。


「大韓航空」 [韓国へ行こう!]

 デルタのマイル加算は,世界で何社か(昔は全日空とも)と提携しているらしいのですが,グアムやサイパンなどの低価格でお手軽に海外にいける航空会社は提携の中に入っておりません.その中で唯一のお手軽が大韓航空でございます.
 よくよく考えてみれば価格面ではグアム・サイパン系には負けるモノの,距離では圧倒的に近い韓国の航空会社です.
 マイルの期限延長の為には十分でしょう!(しかし侮るなかれ,韓国は良かったんだぞ!)

 単純に韓国いくだけでしたら日系航空会社もあるし値段だったらアシアナとかも良いですよね.
 でもね,マイル以外でも結構使えるんですよ,大韓航空!(http://www.koreanair.co.jp/jp_home.jsp)キャンペーンやら割引クーポンやら結構HPからゲットできます.
 今回もロッテワールドの入場券とか焼き肉屋さんとか大活躍でした.

 乗った飛行機はKOREAN AIRのブルーカラーのジャンボ!
 元々はソウル→ロスアンゼルス便がちょっと日本に寄り道する便らしく,日本人,韓国人(見分けつかず・・・)の他,西洋の方々(見分けつきます!)も結構いらっしゃいました.
 フライト時間は約2時間!早い早い・・・でもちゃんと機内食出ましたよ.

 今回利用したのは仁川(インチョン)行きの便です.1日に何便かあるようですね.
 仁川はちょっと前までソウルの玄関口として使われていた金浦空港にかわり,遠浅の海辺に作られた比較的新しい国際空港です.
 最近のソウル便は大体仁川ですよね.ただソウルの市街地にいくのにちょっと時間がかかります.
 概ね東京→成田と同じぐらいの感覚でしょうか・・・
 よく韓国の空港にいくとキムチの香りがするんだよ!という噂を耳にしていたのですが,わかりませんでしたネ〜(鈍いのかな・・・)

 あっ言い忘れましたが,マイルは提携会社のどのチケットでも付くわけではありません.
 デルタの場合,パック旅行の便でも基本的にはマイル加算ありなのですが,発券コードの種類により加算されない場合もあります.
 ちゃんと旅行会社で確認しましたけどね!って言うか,パック旅行以外で海外行ったことないぞ・・・


「COEXインターコンチネンタルソウルホテル」 [韓国へ行こう!]

 ソウルにあるホテルの善し悪しは全くわかりませんが,場所的にはいわゆる新宿・渋谷的なソウルの繁華街(明洞/ミョンドンや南大門/ナンデジュン)ではなく,お台場や幕張といった感じの新世紀ビジネス複合エリアに立地しているイメージですね。
 COEXというのはそういった複合施設の総称のようで,ホテルのほか,エアポートバスのターミナルや国際会議場,コンベンションセンター,百貨店,COEXモールという地下モール街,水族館,ビジネスビル,etc・・・があり,ソウル市内を網羅している地下鉄の駅(三成/サムソン)にもこの地下街を通じてつながっております。

 フロントなどをのぞくといわゆる一流ホテルの趣があり,アンニョンハセヨとカムサハムニダ以外のはハングル語はパーフェクトにわからないおとう一家にも,多少は読んだり書けたりするエングリッシュが使えるホテルでございました。
 フロント,ベルボーイ,ウエイター,その他,各スタッフの中には日本語の話せる方もいたようですが,英語でしたらほぼ全スタッフがOKのようです。さすがビジネス街・・・客の半分以上は西洋人でしたしね・・・

 ホテルは30階建位の高層ホテル,客室からの眺めも結構なモノでございます。
 外見・フロントともピカピカで,アホな子供を連れて観光に泊まると言うよりは,国際ビジネスに世界を駆ける商社マンがソウルで1泊するホテルといった感じのところですね。

 もともと子供朝食無料のパックを選んでいたので朝食は1階のカフェテリアのようなところでビュッフェ形式の朝食だったのですが,ここでちょっとトラブル。
 どうも旅行会社のパック特典内容がホテル側にうまく伝わっていなかったようで,子供は6歳までしか無料にはならないと言われ,やむなく支払うことに・・・でも後日旅行会社から返金されましたけどね。
 これはホテルではなく旅行会社のミスのようでした。


「ソウルナビ」 [韓国へ行こう!]

 あてもなく韓国行きを決めたものの,現地でのイベントは一切情報がありません。
 特にやりたいこともなく,はやりの冬のソナタ縁の地を訪ねる気ももうとうございません。
 さて,ソウルについて勉強してみるべ!と開いたのがこちらのページ,ソウルナビでございます。
 (http://www.seoulnavi.com/

 日本向けにソウルの情報をリアルタイムに伝えてくれるとっても便利なサイトです。

 これで初めてソウルがどんなことができる街なのかを知ることができました。
 まあショッピングに焼き肉,エステというのが定番でしょうか?ただどこが人気とか,現地の予約のアポとかそんなのもこのソウルナビでできてしまうのです。
 ユーザーさんの書き込みも多数ありますので参考になりますよね。

 後で書きますが子連れでの現地交通の手段などもこの書き込み情報が役に立ちました。
 ちなみに我が家が今回の2泊3日の行程「1日目:焼き肉で夕飯→眼鏡屋で眼鏡作り,2日目:COEX水族館→射撃場→ロッテワールド→お買い物,3日目:帰るだけ」の詳細はすべてこちらの情報に基づくモノでした。

 このソウルナビ,クーポンも多数HPでゲットできるのですが,ソウル市内各所や日本国内でもクーポンブックをゲットすることができます。
 ちょっとしたガイドマップのかわりに使えばへたなムック本を買うよりかはお得です。
 ソウルに行くなら必見サイトでございます。なお,姉妹プサンナビとタイペイナビがあるようですが,見たことはございません。


「両替」 [韓国へ行こう!]

 今更言うまでもありませんが,韓国の通貨は「ウォン」です。
 概ね100円=1000ウォンといったところでしょうか?
 ○が1つ増えるだけなので,比較的買い物時の金銭感覚はわかりやすいですね。

 さて,このウォンに両替するところが意外と少ない。
 その辺の銀行さんでは普段取り扱いをしていないところが多く,宇都宮のような地方都市にいる場合には結局成田空港で両替しちまう方が楽だったりします。
 でもね,成田空港で両替しちゃダメなんですよ!(ダメという程ではない・・・)

 ウォンの両替は韓国に着いてから空港で!っていうのがセオリーのようです。
 細かいレベルはわかりませんが,一般的に両替レートが韓国で両替した方が良いようで,特に仁川空港の場合到着口を出てから直ぐに銀行窓口が並び,フロアに出ても韓国の銀行各社の窓口がこれでもか!と言うほど軒を連ねております。(いや,そこまでは多くない・・・)

 先のソウルナビなどにも両替手数料割引のクーポンがありますので,これを利用するとさらにちょっとお得になるかな?
 もちろん帰りに余ったウォンを円に戻すこともできますが,小銭程度であれば空港で出国手続きを済ませてから免税店やちょっとした飲食で使い切っちゃう方がお勧めです。
 我が家の場合,現金両替は最小限,後はカード決済で過ごしました。


前の5件 | - 韓国へ行こう! ブログトップ