So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年07月| 2018年08月 |- ブログトップ

かつお食堂 ~劇場型鰹道修得食堂~ #かつお食堂 [おとうの独り言/グルメ系]

 渋谷に以前から行きたいお店がありましてね。。。

 ただ営業時間が大体平日の朝~お昼くらいなので,なかなか行けるタイミングがなくて。。。

 ようやく行けるタイミングができたので行ってまいりました!

 かつお食堂

 夜にはバー営業となるカウンターだけのお店を午前中だけシェアして営業しているところなのです。

 渋谷の宮益坂上くらいの路地裏,ビルの1階にございます。

DSC_2003.JPG
     【かつお食堂看板】

 かつおを扱うお店らしい看板がビル前に掲げてあります。

DSC_2004_1.jpg
     【本日(いつも?)のメニュー】

 この日は数日前にテレビで紹介されたばかりだったそうで,大変な人気ぶり!

 営業開始時間の30分くらい前にお店に行ったのですが,もう待ってる方が結構いらっしゃいますね。

 少し前倒しで開店したものの,一度に入れるのは8人!

 えっと。。。

 三巡目にならないと入れそうにないですね。

 ちょうど入口の前で待つことになったので,店内の様子がうかがえます。

DSC_2005.JPG
   【ガラス張りのバー店舗のカウンター】

 カウンター内で一生懸命お客さんのお世話をしているのはたった一人の女性"かつおちゃん"

 彼女のお話は「かつお食堂」で検索するといくらでも出てくるのでそちらをご参照くださいな。

 とにかく愛する「かつお」の素晴らしさを伝えるため,お食事提供の合間も休む間もなく鰹道をお客さんに伝え続けています。

 ガラス越しではあるものの,時折聞こえるかつおちゃんの声や,一生懸命な姿から,かつおちゃんの熱意がビンビン伝わってきます!

DSC_2017.JPG
     【ガラス越しのかつおちゃん】

 概ね席に座ってから食事を頂き,お店を出てくるまで大体30,40分くらいかかる感じですかね?

 でも店内の様子を覗けている間は全然飽きませんね!

 例えればそうですね。。。

 テーマパークのアトラクションの順番を待ってるようなイメージでしょうか?

 テーマパークって待ち客を飽きさせないように,めいっぱいその世界を作り上げますよね!

 かつお食堂も店内に入るとそういう「かつおのテーマパーク」感をもたせるような造りになってるようですし・・・

 なによりかつおちゃんがテーマパークのキャストのごとく,お客さんを"かつお愛"で包む心意気がものすごいです!

 さて,なんだかんだで1時間ちょっとまって入店!

 もちろん「かつお食堂ごはん」を注文!生卵トッピングも忘れておりません。

 まず目についたのはこちら。。。

DSC_2029.JPG
    【かつおシアター!】

 カツオ漁船のDVDが常時流れております。

 黒田プロダクション作品

 ラインナップとしては「黒田プロダクション」のかつお・まぐろ漁業に関するDVDがたぶんフルセットでございまして・・・

 制作された黒田輝彦さんの偉業を含め,まずはこれを観てくださいと勧められます!

 かつては海の漢(潜る方だけど)でしたおとうの心もくすぐられますね。。。

 あ,かつお一本釣りの漁師さん募集のお手伝いもしてるようです。

DSC_2045.JPG
    【本気の方,いかがでしょうか?】

 続いてこれ!

 カツオ解体君!

DSC_2032.JPG
    【かつおの解体ぬいぐるみ!】

 これ普通に売ってるんですね!

 それも鰹節で有名なにんべんさんが食育教材で売ってるんです!


DSC_2033.JPG
   【なかなか可愛らしかったりする】

 買っちゃいそう!

 かつおのオブジェもどんと卓上でお出迎えしてくれます。。。

DSC_2030.JPG
      【若干顔がなまずっぽい気がする。。。】

 さらに本日(今月)の鰹節を作られている西伊豆・田子のカネサ鰹節商店さんのお店の紹介!

DSC_2004.JPG
    【今月の鰹節はカネサ鰹節商店】

 お店のご主人,息子さんの紹介から,お店の鰹節にかける気持ちを語ってくれます。

DSC_2053.JPG

 鰹節づくりの大事な点も,わかりやすく,そして本当に熱く熱く伝えてくれます。

 今日,初めての来店(『初がつお』と言います)したおとうがしっかりと記憶に刻み込んだキーワード!

 『手火山式ばいかん(焙乾)』

 カネサ鰹節商店さんとこのHPにもご案内がありましたのでリンク貼っときました。

DSC_2055.JPG
     【手火山式ばいかん】

 コレです!

DSC_2050.JPG
     【ものづくり絵本(写真本)で熱弁するかつおちゃん】

 あぁ,もう忘れません。

 しっかり覚えました!

 まだまだ紹介しきれませんが,これ以上の『鰹道伝道活動』を休む間もなく語り続けながら,食事の準備もちゃんとしています。

 えぇ,忘れてましたけどグルメレポートでございました。

 まずはメインの『かつおぶしめし』

 まずは熱々ご飯をおひつから大きめ茶わんに盛り込みます。

 ふんわりよそってくれてますね!

 生卵トッピングはこの時点でごはんの頂点に。。。

 そして特製出汁醤油をちょい垂らし・・・

 ここからがかつお食堂の見せ場です!

 劇場型鰹節飯食堂の真骨頂でございますので動画でどうぞ!



 出来た!

DSC_2057.JPG
   【かつおぶしめし】

 削りたての鰹節は生き物のようにご飯の熱気でゆらめき,「おいしいよぉ~!」って手招きしてるように見えます。

 そして鰹節がもっとも鰹節らしい香りを振りまいてくれる瞬間が今です!

 溢れんばかりのアミノ酸が食欲をそそってくれますね!

 さらには削り節の美しさ・・・

 薄く削られた鰹節の表面は,仕上げらてた檜木材のごとくきれいなグラデーションを描いてくれています。

 目でも美味しいですね!

 ご飯といっしょにかきこむ前に,まずは単品で味わってみましょうかね。。。

 じんわりと懐かしい味が舌に沁みてきます。

 日本人であることを心から実感する味ですよね。

 ではがっつりとかきこみますぞ!!

 うん!
 うんうんうん!!!

 美味いよ。。。
 しみじみと美味いよ。。。

 ごはんとかつお節と出汁醤油と。。。

 そして柔らかく遠巻きにそれらをまとめてくれる卵!

 なんかこう泣けちゃう美味さだね!

 お店空いてたら何杯でもお代わりお願いしちゃいたいくらい!
 (お店の外に何十人も待たれたので我慢しました)

 あ,じわじわ味わってたらおかずも出てきました。

DSC_2059.JPG
  【たまごやきとお漬物】

 このたまごやきもいつ焼いてるんだい!って言いたいくらいですけど,ちゃんと一つ一つタイミングをみて焼いてるんですよ!

 かつおちゃん一人仕事の中で・・・

 ましてやあんだけしゃべり続けてる中でよく焼けるな!ってのが驚愕です!

 でもそれもかつおちゃんのおもてなしのこだわりなんでしょうね。

 口にすると出し汁がジューシーにこぼれ出てくるたまご焼です。

 あぁ,これもまた幸せ感に包まれる一品ですね。

 それと熱々の汁物。。。

 まじ熱いっす。。。

DSC_2060.JPG
    【かつお食堂ごはん オールラインナップ】

 かつお節はお代わり自由!

 タイミングをみて「追いがつお,お願いします!」って言うと・・・

DSC_2038.JPG
    【追いがつお分,削ります♡】

 さらに削り足してごはんにのっけてくれます。

DSC_2062.JPG
    【追いがつお頂きました】

 素晴らしい!

 かつお節が美味いってのもありますけどね。

 一番素晴らしいと思ったのはやっぱりかつおちゃんの鰹道を語る一途な姿勢ですかね。

 今の世の中,心底打ち込めるものを持ち,それに没頭出来てる人ってどれだけいるんでしょうかね?

 自分も含めてですけど,自信をもってそれが出来てる人ってそんなに居ないですよね。

 『私はかつおの良さを皆に知ってもらいたい!』

 かつおちゃんの原動力はこれに尽きるのでしょうね。。。

 かつおの旨味とかつおちゃんの強い意志に完敗なお店訪問でございました。

 ごちそうさまでお会計をするときには元気よく「ありがつお!」のお言葉で見送られました。

 毎月,生産地の違う鰹節を用意してくれているそうです。

 渋谷に朝に来れる機会はそうそうは無いのですが,チャンスがあればまた違う鰹節を味わいに・・・

 そしてその鰹節についての説法を頂きにかつお食堂に「戻りかつお」したいと思います。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

きみへの距離、1万キロ = EYE ON JULIET = #きみへの距離1万キロ #EYEONJULIET [映画大好き!]

 ミニシアター系って言うんですかね。。。

 全国一斉公開にはならない作品ってのがあります。

 在京時代はそーゆー系統の映画館にもあしげく通っていたのですが,なかなか行けなくなったいましたね。

 それでもネットの普及とか,映画評論家さんとかのコメントとかで,あっこの作品みたいな!って思える作品がたまにあったりします。

 それでも観れる機会自体が少ないので,滅多にないんですけどね。

 観れた中でのここ数年でのベストはこちらでしたかね。

 参考記事: チョコレートドーナッツ ~ ANY DAY NOW ~

チョコレートドーナツ [DVD]

チョコレートドーナツ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




 さて,今回ご紹介するのはこちら。

o0600041314178410492.jpg

 きみへの距離、1万キロ
 ~ EYE ON JULIET ~

 割と原題が好きだったりします。

 きっかけは・・・

 主演女優さんが割と好みであったこと。

 いやいや,北アフリカのパイプライン監視に頑張る遠隔ロボットがちょっと気になった事かな。。

 6本足のヘキサポッドがなかなか愛らしくてですね。。。

cast3.jpg
   【主演?のジュリエット3000と名付けられたヘキサポッドドローン】

 なんかね。昔から小さなロボットが頑張っちゃう映画大好きなんですよ。

155ff385639d122abc853f9ee1b02a7c.png
  【サイレント・ランニングのデューイ,ヒューイ(あとルーイもね)】

 これがドローン好きになるきっかけのサイレントランニングね!

713nvz4KXFL._SL1079_.jpg
     【ウォーリーも頑張ってたよね!】

 でも本作はちょっと違うんだよね。。。

 ドローンたちが自分の意志で動いているわけではなくて,あくまでも遠隔操作で動いているだけ・・・

 動かしているのは遠く離れたデトロイトにいる人間の主人公!

 ついでにヘキサポッドはいっぱい居るし,チャンネル切替でホイホイ切り替わっちゃう!

 原題はだから「EYE ON JULIET」なのね!

 ヘキサポッドはモノアイですしね。

 ま,この辺は現代テクノロジーが進展してきたからこそ設定できた物語設定なんでしょうね。


 ってことで,北アフリカとデトロイトの距離(1万キロなのかな?)を挟んで,遠隔ドローンで彼女を見守るというストーリー!

 なんか荒唐無稽っぽいかもしれませんけどね。

 中身はなかなか人間味のあるストーリーとなっております。

 細かいこと書きませんけど。。。


 主人公はね,絶望のどんぞこになっちゃった女性をなんとか助けようとします。

 希望を失った彼女にドローンを通じて一生懸命に問いかける主人公。

 彼は彼女だけでなく,自分にも同じ言葉を投げかけていたんだと思うんですよね。


 少しうまく行きすぎ?ってことはあるかもしれませんが,そんなことは気にしない。

 ハッピーエンドを心から祝したいしみじみとした作品でございました。


 そうそう,この映画の監督・脚本をつとめたキム・グエンさんは,この作品についてこんなコメントを書いています。(公式HPより)

 この映画は空想的な夢想であり、ルイ・アームストロングの歌に登場するような空想とも似ているし、もっと言えば「この素晴らしき世界」のようなものだ。我々を様々な方法で隔てる技術なり正統なものの壁を壊すことについて空想している。また、願わくば、いかに人間がこの一時はとても小さく、時にとても遠く思えるややこしいグローバル・ヴィレッジの中で他人と触れ合い、お互いを理解しようとするかについての現代の物語であってほしい。

 まさに!

 そう思える映画だと思います。

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『カメラを止めるな!』  #カメラを止めるな [映画大好き!]

 随分と話題になってる作品なようで。。。

 『カメラを止めるな!』


30_orig.png

 かるぅ〜い気持ちで話題の作品を観てみようかな?と。

 ただやってないんすよね。

 栃木県。。。

 少し待てば8月中にはどっかで観れるんすけど,観たい時が観る時!

 ちょうど急に東京に行く用が出来たんで,これ幸いと用事が終わった段階で近場の映画館の空席を検索したところ・・・

 全て SOLD OUT !

 恐るべし,カメラを止めるな!人気!

 諦めてちんたら宇都宮帰ろうと思ったんすけど,途中ではたと気が付きました!

 あ,東京だけかもしれん。。。

 ってことで,帰る途中の某●玉県の映画館ですんなり席を確保できました。


 では,前置きはこれくらいにいたしまして,予習なしに観させて頂いた映画の感想ですが・・・

 ざっくり時系列で心の声を書きますと,こんな感じになります。
 (たぶんこの映画中身書いてはいかん映画なのでその辺は無しで)

 【最初の30分ちょっと】
 ・あぁ,こんな感じか。。。

 ・自主製作映画が頑張ったレベルのものなのかな?
 ・いろいろ雑なところあるけど,まいっか。
 ・1800円は高いな,800円位かな?
 ・あ,全編ノーカットなんだ!そこは凄いな!
 ・英題の「ONE CUT OF THE DEAD」はそーゆー事ね。

 【中盤】
 ・あ,前日譚こっからなんだ。。。
 ・随分ペースというかトーンが変わるな。

 ・ん?どゆこと?
 ・この映画どんな構成なの?
 ・んで,どーなんよ?
 ・?????

 【怒涛の後半!】
 ・えぇ〜!!
 ・そゆこと。。。
 ・どぉ〜するの?
 ・そんなんなっちゃうの?
 ・ギャハハッ!
 ・えぇ〜〜!えぇ〜〜〜!!
 ・なるほどね。。。
 ・をぉ〜!!!
 ・ブラボォ〜♪♪
 ・拍手喝采!!!

 って,ことで。。。

 わかります?←わかるわけない

 まあね。
 前半は騙されたと思って観てください。

 でもね。。。
 どんなシーンや間があったのかはしっかり覚えておいてね!

 そして怒涛の後半!

 映画2本分の興奮があなたをほっこりと包みこんでくれますぞ!

 なるほど話題の作品でございました。

 久しぶりに事前勉強なしの映画で痛快なスマッシュアッパーを喰らった感じです。

 気持ち良く「映画って楽しいな!」って思える一作でございました。

 上映館が近くにある方は是非!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2018年07月|2018年08月 |- ブログトップ